テーマ:富士フィルム

エボラウイルス

アフリカで猛威を振るうエボラウイルスに対しては、対応策が無いと言 われていた状況を打開する薬がクローズアップされました。先にこの ブログでも取り上げた「富士フィルム」のインフルエンザ用途の薬で ある「アビガン錠」がその名前です。 急にクローズアップされたのは、スペインでエボラウイルスに感染した 女性が快方に向かい、その女性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エボラ出血熱

アフリカ・ザイールのエボラ川流域で発見された「エボラ出血熱」は、 人口の少ない地域での風土病でしたので、免疫が無いと騒がれて いますが、これは新規の病気の場合はいつでもマスコミが不安を 掻き立てる常套句です。 実際、恐ろしい症状を呈するために、その90パーセント以上とも言 われる致死率とともに、かなり怖いイメージが強いもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士フィルムの変身は?

デジタルカメラの爆発的普及は、フィルム需要の激減に繋がりました。 銀塩フィルムの市場において、コダックとの壮絶なシェア争いをしてい たこと自体が無意味と化してしまった今、コダックは会社更生法の適用 を申請して、事実上の倒産をし、片一方の富士フィルムは、鮮やかな転 身に成功し、事業の拡大が急です。 この差は何処から来たのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more