中島みゆきの歌唱法に新発見

中島みゆきのデビュー時からの長年のファンである私が、いまさらながらですが発見した新しい事実、それは中島みゆきの特徴である外連味の無い歌唱法を普通に使用していたことです。
それをはっきり意識した曲は「トーキョー迷子」です。だいたいの歌手は、コンサートなどでエンディングに向かって行くに従って、キメのサビの部分の最後の歌詞を「~~~~~~~~~」と長く伸ばしがちです。

中には、ロングトーンの能力を見せびらかすがごとく、そこまで伸ばすかと言える程の歌手もいますが、彼女の場合はトーキョー迷子を聞けばわかるように、「~~~トーキョーまいご~~」くらいしか伸ばしていないのです。
これに気付いてからいろいろな曲を聞いてみましたが、伸ばすよりむしろ短めに切ってしまう唱法の曲もかなりあることに気付きました。
あの前川清が歌った「涙~Made in Tears~」なんかその典型です。

この特徴を追いかけてもっと曲を聞き込んでいったら、また新しい発見が有りました。「空港日誌」を聞いてみるとその特徴が良く理解できますが、「は~ね~だ~へ~と~むか~う~」言葉一音一音ごとに伸びやかな声で歌っているのが分かります。
つまり、最後の歌詞に全力投球するのではなくて、曲全体にわたって響く声を聞かせているので、歌唱にツヤを感じるのです。

また、歌手の命である正確な音程のキープに関してはまさにピカ一の称号を与えたいくらいきっちりとしています。それゆえに「春までなんぼ」という実験的な曲では、最初はかなり不安定な音程でか細い発声で歌い続けていきますが、後半になると朗々とした発声に切り替わる様が見事です。こんな歌い方をしていったいなんじゃと思って聞いているうちに、圧倒的な歌唱の世界に見事に巻き込まれて行ってしまいます。これこそが、中島みゆきの世界観そのものです。

稀代のエンターティナーなんて言葉は、中島みゆきには、似合いません。ほかの誰とも似ていない、しかし、決して孤高ではない親近感さえ感じさせる優しさは、誰も真似ができないものです。彼女の圧倒的なプロ感を漂わすビデオを見た時に、厳しい内面も垣間見ました。
同年代の一ファンとして、語らせたらいつまでも語れる存在、それが中島みゆきです。

"中島みゆきの歌唱法に新発見" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント