dele 超能力少年

今人気絶頂への道を駆け上っている感のある俳優-菅田将暉、これで「すだまさき」と読むのはちょっと苦しいですが、これくらい有名になってしまえば、今現在は読めないと時流に乗っていない証拠になってしまうほど、有名になりましたね。

25歳ですが、非常にチャライ感じとシリアスな雰囲気と、重厚さをにじませる演技と、いろいろな側面を見せるキャラクターですので、これから年輪を重ねるにつれてどんな役者になっていくのかが楽しみな逸材です。
山﨑賢人・松坂桃李・竹内涼真・綾野 剛あたりとの競り合いが見ものです。

さて、その菅田将暉が活躍するドラマの最新のものが、テレビ朝日の得意とする時間帯金曜23:15~の[dele]
です。個人情報を依頼人の死後、すべて削除してくれというモチーフが基本となっていますが、そのデータを消す前に人間臭さを充満させるという仕掛け。

第四話では、超能力少年を扱っていましたが、実は私もスプーン曲げや壊れた腕時計を動かすことに熱中したほうで、ユリ・ゲラーブーム最高潮の時には、実際に壊れた腕時計が面白いように動かすことが出来たことを思い出しながら、身を乗り出してドラマに見入っていました。
脚本陣が頑張っているせいか、無理のないストーリー展開は、見ているものをグイっと引き付ける魅力であふれています。

しかも、超能力を肯定しながらも、超能力少年が自らの名声よりも対象になった捜索結果の悲惨さを依頼人に教えたら傷つくだろうことに思い至り、自分は破滅しても少女の気持ちをおもんぱかるシーンでは、思わずこみ上げるものがありました。
この少年の演技をした蒲田優惟人(かまたゆいと)の悲しそうな顔がとても素晴らしい。時に子役は、恐ろしいほどの演技を見せつけることがありますが、今回はその中でも上位にランクされる秀逸なものでしたね。

このdele、意外に視聴率が低いのですが、こんなにも娯楽作品でありながら、心の動きを画面に提示できるドラマは近年稀に見るもので、やはリテレ朝得意の時間帯は一味違ますね。
皆さん、オススメしますよ。みんなで見ましょう。

"dele 超能力少年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント