風花舞う大晦日

関東地方も、日毎に寒さが厳しさを増してきました。今日は車を走らせて風光明媚なところに行こうなんて思いも湧かないほど、一日中気温が低くて、車の外気温計は6℃を上回ることは有りませんでした。 でも、大みそかなんだし、昼食はファミレスで決めていましたから、御神輿を上げて出てきたのは良いものの、ナントなんと風花が舞いだしてきたではありませんか…
コメント:0

続きを読むread more

e-Power乗って分かった凄さ

ワンペダルドライブ これが、日産e-Powerのウリと言っていますが、確かにこの機能は素晴らしいの一言です。e-Powerの初代の頃のEcoモードは、パワーが全く無かったのですが、この時のSportsモードと同等のパワーを今回のe-PowerのEcoモードを持っていますので、ちょっとした坂道はおろか長~い上りのワインディングでもグイグイ…
コメント:0

続きを読むread more

超巨人機 ストラトローンチ・システムズ

ストラトローンチ・システムズとは、空中発射ロケットによる宇宙輸送を業務とするアメリカの企業です。2011年にマイクロソフト共同創業者のポール・アレンとスケールド・コンポジッツ創業者のバート・ルータンによって設立されました。両者は民間初の有人宇宙飛行を成し遂げたスペースシップワンの開発も共同で行った実績があります。 1つの機体に2つ…
コメント:0

続きを読むread more

また一つSFから現実に

SF作家と言えば、近未来に実現できることを予想しストーリーを展開できる稀有な存在です。 その彼らの近未来に登場してくる代表的な乗り物が、エアタクシーです。 本の数年前までは、まだまだ実験室レベルのものしかお披露目されていませんでしたが、今年は次々と実用化に向けて急速に開発されてきているとするニュースを何本か目にしました。 エア…
コメント:0

続きを読むread more

一瞬のあられ

先日、スラックスの裾上げをお願いしていたものが、出来上がったとのことで、夜の6時15分くらいにその店に行きました。 そして、ものの15分も経たないうちに受け渡しは終了しました。その時、もう一人店にいた女性客に中年の男性店員が、「今、雹が降ってますよ、結構な勢いです。」と話しかけました。 言われるままに女性も外を見て、「本当だ雹だわ。…
コメント:0

続きを読むread more

紙の一大消費地

IT化が進めば、紙の消費量が減るといった幻想は、もはや誰も考えもしませんが、普通に暮らしていればわからなかった紙の一大消費地を見つけました。どこだと思いますか。それは、大規模な病院です。 今の病院は、かなり高度にネットワークが張り巡らされていますから、各診療科ごとの連携は、朝飯前の状況です。 それぞれの部局の医師が個人ごとに診察…
コメント:0

続きを読むread more

EVタンカーー

12月3日の記事で電力運搬船について触れましたが、今度は完全EVタンカーの話です。 タンカーなので、もし電力がそこをついたらどうするのかという思いを持ちながら、そのニュース記事を読みました。 船主は旭タンカーで、外航船に洋上で給油を行う役目を持った船です。 香川県の丸亀市にある興亜産業という造船会社が手掛けたこの船は、総トン数…
コメント:0

続きを読むread more

ロケット打ち上げビジネス

2021年12月23日午前0時32分、鹿児島県にある種子島宇宙センターからH-IIAロケット45号機が打ち上げられました。このロケットのペイロードは、インマルサット社(英国)の通信衛星です。 インマルサット?インテルサットじゃないんですか?と突っ込まれそうですが、インテルサットはアメリカの通信業者の名前です。 インマルサットの登…
コメント:0

続きを読むread more

思惑の世界経済

東欧諸国のガスが高騰しているとのニュースが流れ、その要因としてロシアの対西側諸国とのにらみ合いの影響との解説が付いていました。 大陸間のガスの供給は、地続きならパイプラインが一番手軽ですが、あまりに長大なパイプラインともなれば、通過する国との国交関係によって、危うさが出てきます。 今はNATOの関連で、新しく敷設されて使用可能に…
コメント:0

続きを読むread more

ハインライン「大宇宙の少年」

本屋というのは、おおむね新刊本ばかりが並んでいるものと相場は決まっていると思っていました。ところが、名著復活の帯に気が付きました。 ハインライン「大宇宙の少年」がそこに大量に山積みになっていました。 原作は1950年代に発表されたもので、SF界ではすでに古典に分類されている本です。 文庫本の価格は長らく350~390円台が続き…
コメント:0

続きを読むread more

最盛期

文字通り、物事が最高潮の時のことを指す言葉です。ニュースなどで、「今が梨の出荷の最盛期を迎えています。」といった使われ方をされています。でも、最近のニュースなどでは、別の表現も聞かれます。「・・・・・出荷のピークを・・・・・」 どちらが良いかと聞かれれば、どちらでも…という答えが返ってきます。 これは、国民性からくるものだと思い…
コメント:0

続きを読むread more

L特急とα列車

「♫H・I・J・K LLL L特急~~♫」こんなコマーシャルソングが流れてきて、アルファベットが右から左にHIJKと移動してきて、Lの文字が流れてくると、そこにサラリーマン風の線画の男性がそのLの文字に乗って左に移動するとというCMを見た事が有りますか。と、聞くのはちょっと愚問でした。このコマーシャルは1972年から流されたものです。 …
コメント:0

続きを読むread more

手抜きとコスト

世の中高性能の製品が数多く登場してくる半面、そこそこの機能でも安く作って大々的に販売する傾向も強いものが有ります。トップブランドのスーパーな機能を謳って市場に名を十分に売っておいて、機能はそこそこながら、実用上は全く問題のない製品を安く供給して、数を売って儲けようとする戦略は、使い古されていますが、未だにそのビジネスモデルは有効なようで…
コメント:0

続きを読むread more

光合成 人工で脱炭素

光合成=こうごうせい 理科の時間に習いましたね。どんな内容だったか覚えていますか。 これが、脱炭素時代の切り札になろうとしているんです。 植物が、太陽の光と水と空気中の炭酸ガスで(グルコース)のような炭水化物を作り出すと同時に酸素を生成して吐き出す作用を光合成と呼ぶと習いました。 その当時も、炭酸ガスを植物が吸って、酸素を吐き…
コメント:0

続きを読むread more

朝食のおかずザ・ベスト

結婚して一番有難味を感じる瞬間て、どんな時ですか。 エッ、感じない。それは、奥さんの機嫌を損ねますよ。 家に帰れば、温かい食事がすぐ出てくるし、自分の手を煩わせなくても、部屋は掃除されてゴミはなく、下着・ワイシャツはいつも洗濯されて、いつでも着替えが有るなんて、独身生活を経験した人にとっては、この上なく嬉しいものです。 その中で…
コメント:0

続きを読むread more

FIRE

「FIRE」(Financial Independence, Retire Early=経済的自立と早期リタイア) またぞろ新語が出ました。数日前のテレ東WBSでも取り上げていましたが、本当のところはREFIの方が、分かりやすい語順です。 まずはこんな計算をしてみましょう。 家賃+水道光熱費+通信費+食費+外食費+下着+衣服+…
コメント:0

続きを読むread more

ふゆのひまわり

ひまわりと言えば、盛夏を代表する花です。そして、その花を市の花にしているのが神奈川県座間市です。 座間市は、市のゆるキャラもひまわりと座間を掛け合わせて「ざまりん」と名付けています。 毎年相模川の河川敷などで「ひまわりまつり」を開催するにあたって、エリアごとに少しずつ開花期をずらして、ひまわりを育ててきていましたが、コロナウィルスC…
コメント:0

続きを読むread more

CDラジカセ規格がてんこ盛りー4

このシリーズの第4弾 今回は、アップコンバートです。単純にアップ=上昇とコンバート=変換とだけでは、どんな意味があるのかさっぱり分からないはずですが、不思議と何かポジティブな響きが有ります。 どんなものか説明するには、今のフルハイビジョン規格と4K規格の関係を説明すると分かり易いでしょう。 まずは、規格をおさらいしましょう。 …
コメント:0

続きを読むread more

最初?5~10年〇

この題名の意味は、贔屓の歌手のアルバムの中の一曲の自分の好き嫌いの尺度の変化を表してみたものです。 もっと、端的に言えば、中島みゆきの数多い楽曲の中で「ファイト!」「狼になりたい」「春までなんぼ」を指します。 「ファイト!」に関しては、導入部分のドラムだけでモノローグ風の歌いだしが好きになれなかったんですが、後半のオーケストラが…
コメント:0

続きを読むread more

CDラジカセ規格がてんこ盛りー3

今回は WAV と FLAC です。 Resource Interchange File Format +  waveform Audio Format  これが、WAV(WAVE)の正式名称なんです。なんて長ったらしいんでしょうね。 「マイクロソフトとIBMにより開発された音声データ記述のためのフォーマット」と説明するより、WIN…
コメント:0

続きを読むread more

ボーナス

今日の記事は、自営業をしている友人の述懐をそのまま掲載しました。かなり、含蓄のある内容です。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 自営業になって一番の違いは何かといえば、自分で稼がなければならないと当たり前のことですが、改めて実感しました。ただ、この感覚はすぐに日々の稼ぎの手段に追われ続けていると、消え去ってしまいました…
コメント:0

続きを読むread more

優先席

以前はシルバーシートと呼ばれていた優先席、骨折した人や老人、妊婦、障がい者などの優先的に座ってくださいねという、鉄道関係のシートに広く普及しています。色分けして、優先席ですよと分かり易くしてるのですが、あまりに当たり前になってしまったためでしょうか、最近は、何でもない普通に見える人まで、どっかと座ったまま周りを見ようともせずに、スマホの…
コメント:0

続きを読むread more

CDラジカセ規格がてんこ盛りー2

昨日の続きです。ハイポジ再生は、意外に説明が長くなってしまいました。 今日は MP3 を説明しますね。 これはオーディオの規格なのですが、画像データの圧縮にも関係する規格なんです。画像データはサイズが非常に大きいので、それを圧縮する技術が考え出されました。その代表格が、MPEG-1です。その圧縮された画像とペアになるように開発さ…
コメント:0

続きを読むread more

CDラジカセ規格がてんこ盛りー1

東芝のAurexブランドのCDラジカセを買った話の続きです。 いまどきのラジオの備えておくべき規格の数にまず驚きました。外箱に28個ものシンボルマークが印刷されています。 アップコンバート、カセットテープ,CD、SDHC、USB,シンセラジオ、外部入力 テープカウンター、ハイポジ再生、MP3、WAV、FLAC クロック機能、マイ…
コメント:0

続きを読むread more

耳が騒々しい。

朝、異様な物音で目を覚ましまました。それは、「ガサゴソ」と物凄い近い場所で鳴っています。 「ナニ、ナニ?」と思わず、耳に指を入れた途端、またも一段と大きな音で「ガサッ」左耳はなんでもなく、右耳だけがとてもうるさいのです。 何がどうなったらこんなに大きな音が聞こえるのか? 少し気味悪くなり、慌てて鏡の前へ。じっくり見ても、何も分…
コメント:0

続きを読むread more

テスラよお前もか

何かの惹句を真似てみました。電気自動車では、今やトップブランドの地位に君臨しているテスラのリコール問題が報道されていました。 中国の新華社が配信したニュースの抜粋 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 米電気自動車(EV)大手テスラの中国子会社、特斯拉(上海)が、SUV「モデルY」のステアリングナックルの強度が設計要…
コメント:0

続きを読むread more

エッ!音が良くなっている。

一年ほど前に、東芝のオーディオ用のブランドとして、一時期名を馳せた[Aurex]が復活したと話題になりましたが、その第一弾が何とハイレゾ対応のラジカセとラジCDだったので、コンポからの再登場でないことに驚いたと、このブログに書きました。 ハイレゾ対応Bluetooth/SD/USB/CDラジオ(ブラック)TY-AH1(K) を購入して…
コメント:0

続きを読むread more

銀行のカレンダー

毎年、年末に近づくにつれ、通勤電車の中で目に付き始めるのがカレンダーというのが、十年ほど前までの風景でした。ところが、商習慣や義理で毎年作成してはお得意様や関係者に配っていた壁掛け用の大きなカレンダーを、最近とんと見なくなりました。 勿論、大企業同士の豪華なカレンダーは健在です。 また、自衛隊三軍のカレンダーなどのような少し目的…
コメント:0

続きを読むread more

電力運搬船

電気って言うと、あまり貯められないものというイメージが強くて、電気運搬は果たしてインフラになりうるのかといった疑問が湧いてきます。 ところが今日のテレ東のWBSで取り上げていたのは、洋上風力発電で発電した電力を、ケーブルを使う手段を取らずに、船に電力を移動させ、その船が電力網に接続して蓄電した電力を供給するというものです。 この…
コメント:0

続きを読むread more

生命保険加入年齢

平均寿命がどんどんと延びだして、高齢化社会が現実のものになっているのに、生命保険会社の対応は後手後手に回っている現状は、昔から少しも変わっていません。若い頃は「保険なんて、無駄無駄っ!」と言い放っていた人たちでも、自分の老いを感じ始めて、また、周りでガンでとか脳卒中でとかという理由で、鬼籍に入る人がポツポツ出始めると、「保険も考えないイ…
コメント:0

続きを読むread more

全個体電池

今の世の中で、電池の需要は非常に高いものが有ります。その中でも、最高の性能を上げているのが、リチウムイオン電池です。 スマートフォンの電池寿命は、以前の電池だったらとんでもなく短くなってしまい、今のような沢山のアプリケーションソフトを搭載することなど、到底できなかったはずです。 しかし、大容量で充放電の回数もかなり多くて、しかも…
コメント:0

続きを読むread more