ディーゼル列車の記憶

蒸気機関車にとってかわった動力と言えば、ディーゼルですが、12両の長大編成で上野を出発した列車が、途中の駅で半分の編成を切り離し、更にローカル路線に入る駅でさらに編成は半分、つまり3両になってしまう列車に初めて乗った時のことです。 路線は、磐越西線です。福島・郡山から新潟・新津を結ぶ、175Km のわりと長めの路線ですが、何しろ過疎地…
コメント:0

続きを読むread more