バラエティを超えた!「プレバト」

言うまでもなく、プレバトは俳句コーナーの人気の高まりとともに、他のコーナーも次々に立ち上がりました。そうして、淘汰されていった中で、水彩画が一頭地抜け出しました。それに続くのが色鉛筆画です。 コーナーが人気を博すかどうかは、やはりコーナーを担当する先生の力量が大きなウェイトを占めています。 最近では、以下のコーナーはまったく見か…
コメント:0

続きを読むread more