ゴルゴ13さいとたかお氏逝く

1969年に連載を開始した「ゴルゴ13」は、半世紀を経てもなおハードボイルド劇画の先頭を走っていますが、その生みの親江ある「さいとうたかお」氏が、すい臓がんのために他界されました。しかし、この訃報は、連載に終止符を打つものでないことを、発行元の小学館がツイッターで発表してますが、ゴルゴファンならその件はすでに織り込み済みの話題です。 …
コメント:0

続きを読むread more

白鵬 引退

ついに白鵬が引退を決意しましたね。平成の時代の相撲界を支え続けた大横綱も、体力の衰えを感じたのです。 しかし、この期に及んで、相撲協会は白鵬に対していちゃもんを付けてきました。引退という人生の節目に、わざわざ泥をこねてまで塗り込むこのやり方は、全くいただけません。 引退の花道という言葉が有るくらいなのに、それを貶めすような協会の…
コメント:0

続きを読むread more

後出しじゃんけん

「後出しじゃんけん」は、卑怯者というレッテルがいつの世でも、どの世代でも貼られますが、それを平気でやってしまう政治家イエ元政治家が出現しました。東京都知事にもなったこの方は、今回のコロナ感染数の急激な減少を見て、政府の新型インフルエンザ等対策閣僚会議新型インフルエンザ等対策有識者会議会長兼新型コロナウイルス感染症対策分科会長である尾身会…
コメント:0

続きを読むread more

ボーイングB52 エンジン換装

アメリカの大型長距離爆撃機は、亜音速で1952年初飛行のB52、マッハ2級を狙ったところが運用コストや機体の問題で結局マッハ1.25で実現した可変後退翼のB1、全翼という変わった形でスティルス性の高いB2の三機種が、現状ラインナップされています。 ところが、戦略面でのミサイル運用などの関係で、B1やB2は早々と退役のスケジュールが…
コメント:0

続きを読むread more

これは「あさましい」

最近ちょくちょく見かけるのが、食品スーパーの無料の袋を大量に持って行くおばさん・おばあさんの存在です。野菜売り場のジャガイモ・玉ねぎ・ニンジンなどのばら売りを自分で詰める用の袋。あの薄い袋をがばっという感じでつかんで、持ち帰るおばさん・おばあさんたち。 しかも、多少は周りに気を使っているのか、こちらと目が合うと、「テヘッ。」という感じ…
コメント:0

続きを読むread more

台風の数

今日は9月25日ですが、今現在発生している台風は16号です。かなり、数が少ないと思っていましたが、平年と比較するとそうでも無いようなんですね。でも、私が子供のころの記憶では、31号なんていう数字を見た記憶があります。 そして何より、何年前かは覚えていませんが、台風26号が9月25日に関東に上陸して、エライ被害を出したのを覚えています。…
コメント:0

続きを読むread more

夏と秋が同居

9月23日は、各地で真夏日の気温を観測しました。車のエアコンは、久しぶりに主役に返り咲きました。 そんな中、コロナ禍のために遠出を避けていましたが、全国で二度目のワクチン接種を行った全人口比が、55%を上回ったことと、自身でも二回接種を行って3週間を過ぎましたので、近郊ドライブを楽しみました。 強い日差しで地面が暖められ、上昇気…
コメント:0

続きを読むread more

オスプレイ 仙台空港に緊急着陸

何かと物議を醸すことの多いオスプレイですが、昨日、仙台空港に緊急着陸をリクエストして、無事着陸し、他の航空機の離発着にも影響を与えなかったといったニュースが流されました。 本当に緊急着陸をリクエストするほどひどい状況だったのでしょうか。これは、関係者以外には絶対に真実は伝わってこない事項ですので、我々は今後も真相に迫ることはできて…
コメント:0

続きを読むread more

パルスオキシメーター ピンキリ

指先にチョンと挟んでかんたんに動脈血酸素飽和度を測定できるパルスオキシメーターは、日本人の手によって発明された医療用機器です。 発明者は日本光電工業の複数の研究員で、中でも青柳卓雄が中心になって開発がなされました。当初は部屋に据え置くタイプでしたが、小型化への要求を満たしていった結果、現在のように指先に挟む形の器具形状となりました。 …
コメント:0

続きを読むread more

ネット検索の落とし穴

インターネットがもたらした画期的なる利便性については文句なしに素晴らしさが先に立ちますが、諸手を挙げて称賛できない面もたくさんあります。その一つが、記事の書かれた時点がいつかが明確でない場合が多いことです。 国が決めた制度面での解説記事は、制度がいつから発効したものなのか、いつまで有効でその後の改訂が反映されているかなどは、自分の手で…
コメント:0

続きを読むread more

曼珠沙華 満開

子どもの頃、花を摘んで帰宅したら、えらく怒られた花と言えば、彼岸花です。なぜ、怒られたか、それはまさに「彼岸」に通じる花であったことからなのですが、その一件が有ってからは、しばらくは彼岸花を正面から見ることが出来ないことが数年続きました。 別名、曼珠沙華、マンジュシャゲと読みますが、かの山口百恵の歌詞では、マンジュシャカとなってい…
コメント:0

続きを読むread more

ロータリーエンジンにe-Power

ここに来て、俄かに水素関連の話題が増えてきています。プロパンガスで名前を売っていた企業が、水素ガスのリーダーであるかのようなコマーシャルが日々流されています。それだけ、大気汚染・地球温暖化について、真剣にビジネスで取り組もうとする企業が増えてきた証拠です。 省燃費によって、炭酸ガスの排出を減らす試みは、既に多くの企業は自社の技術をアピ…
コメント:0

続きを読むread more

中央高速 路面状態

久しぶりに中央高速で清里方面に行ってきました。平日だというのに、大月ジャンクションくらいまでは車の多いこと。大月以遠は2年前に利用したのが最後でしたが、路面の舗装しなおした部分と、これから補修するところを走ると、その差に驚きます。 補修した部分は、誠に滑らかに走れます。ロードノイズはとても静かですし、当然ですがうねりや欠損が有りません…
コメント:0

続きを読むread more

舟を編む

言葉のセンスに光るものを感じる主人公が、辞書の編纂に情熱を捧げる内容のこの本は、テレビドラマで見た人も多いことでしょうが、ある意味こんなに地道な仕事を小説の題材に取り上げ、またそれをテレビドラマ化しようしたスタッフの着眼点もまた光るものが有ったのでしょう。 言葉は生きていると言われるとおり、あの時流行った言葉が、数年後にはそんな言葉が…
コメント:0

続きを読むread more

飲食店に最適なBGMって?

明るい照明の店内に小音量で流れるサックスのむせび泣くような調べ、カチャカチャと小さいけれど気になる音にかぶさるような、単音の無機質な旋律。どちらも昼下がりのとある定食屋のBGMです。 サックスがむせび泣くなら、照明を落としたカクテルバーと思いきや、全国制覇を狙う伸び盛りの定食屋チェーンの店内です。 何の面白みもない単音シンセの深みも…
コメント:0

続きを読むread more

有名人:何食べた?

今日はミーハーな話題です。藤井聡太二冠が対局中の昼食に食べたものを、一般人がこぞって注文するという話題が出ていましたが、今や、彼の名前はオーラをまとった仏像に近いのではと(ちょっと大袈裟)思える程です。有名人の行動は、その個の持つ魅力に覆われているので素晴らしく見えるのかもしれませんが、食べ物くらいですと少し奮発するくらいの気持ちで注文…
コメント:0

続きを読むread more

世界地図の国境線

日本のような島国では問題になることはありませんが、大陸の中に隣合っている国の国境線は、どのように決められているのか考えてたことはありますか。だいたいの国が、大きな川に沿っているとか、山脈の稜線を基準にしているとかはあります。 しかし、大きな砂漠の場合どうやって基準を作っているのでしょうか。 世界地図をお持ちの方は、アフリカ大陸の…
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン接種-証拠

いよいよ日本でも、2回目のワクチン接種率が6割に近づいてきました。この「6割」という数字は、どの国でも一つの目安になっているようで、接種はまだという人が「早く打ちたい」とする半面、「打ちたくない人」の数も浮き彫りになってくるボーダーラインのようです。ワクチン1回分が4000円程度とすると、1億3千万人にすべて2回接種すれば、4000×1…
コメント:0

続きを読むread more

あなたの会社はどう?

この題名の問いかけの意味は、あなたが会社でパソコンを使っているときに、そのパソコンでいつ、何を、どんなふうに使っているかのログを全て記録してしまうソフトが、存在しているかどうかを聞いています。つまり、会社が常にその気になれば、あなたのパソコンの記録が丸裸にされてしまう機能を持った監視ソフトを導入しているかもしれないという可能性の話です。…
コメント:0

続きを読むread more

優しい表現のマニュアル本

EXCEL VBAやHTML5あるいはジャバスクリプトなど、よく聞く名前ではありながら、いざそのプログラムを独学で習おうとすると、そのハードルの高さを感じずにはいられません。 何しろ、ある程度コンピュータ用語に精通していなければ、本を読み進むことが出来ないからです。 でも、最近、とても表現の易しいマニュアル本を見つけました。 …
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ批評

間もなく終了する「東京MER」と「ナイトドクター」を比較してみましょう。こんなにも似通ったシチュエーションのドラマが、同じクールに流されること自体、下請け制度にどっぷりとつかったテレビの現場を象徴しているものはないでしょう。 この二本のドラマに限らず、最近の傾向として、新しい組織を立ち上げたばかりなのに、すぐにそれをつぶしにかかる「力…
コメント:0

続きを読むread more

小田急線町田駅下りホーム

2021年9月8日午後8時10~21分、小田急線町田駅1・2番線ホームのアナウンス。 エスカレーターを上っている時から聞こえてきたアナウンスの声は、まぎれもなくあの声でした。それは、以前に書いたこの記事の主役です。 2017年07月13日 小田急 ナイスな発音 https://15313573.at.webry.info/20…
コメント:0

続きを読むread more

人の褌で相撲を取る

人の褌で相撲を取る これは他人の物を利用して、自分の役に立てること なのですが、最近は自分で何もしなくて、なんでもネットの情報をコピペして、自分の記事としてサイトを充実させようとする輩がやたら目立ちます。 クラウドサービスの中には、そういったサービスを格安で提供するサイトが有るものですから、自分の構想に沿って記事を作ってもらえる人…
コメント:0

続きを読むread more

マニュアルを書く

会社に入って十数年、世の中のサラリーマンのほとんどの方は、いくつかの種類の仕事を経験されているはずです。そして、後任が決まって仕事を引き継ぐとしましょう。ここで、登場してくるのが、マニュアルを作ることです。普段何気なくこなしている仕事でも、最初の頃は何も分からず、先輩からの付きっ切りの引継ぎ作業で今の仕事を覚えた人が多いことでしょう。 …
コメント:0

続きを読むread more

ロナウド>メッシ

このブログで何度も書いていますが、露出する可能性の高い部位に刺青したアスリートは、競技に参加できないという内容の法律を作ってくださいと、強く思います。 いろいろな意味をタトゥーに込めているとのことは、ネットに書いてありますが、何故タトゥーなのでしょうか。タトゥーを綺麗だと思う人はいるのでしょうか。あれは、少なくとも、汚い絵柄の中でも最…
コメント:0

続きを読むread more

電動スクーターの怖さ実感

正確には、「電動キックボード」とか「電動スクーター」と表示するようですが、利用者が増えるにつれて、スポーツ系自転車と全く同じ現象が起き始めています。 信号無視・斜め横断・歩道走行・速度過剰などです。そして、最も危険を感じるのが、突然の車線変更です。密を避けるための気軽なギアとして最適な移動手段として注目を浴びた経緯は理解できますが、ス…
コメント:1

続きを読むread more

EXCELを上手に使おう

EXCELを使う人が増えていますって記事はもう昔の話で、今では表計算と言ったらほぼエクセルを指すくらい、他の表計算ソフトは駆逐されてしまいました。なので、エクセルを使わなければ……… と焦る中年の方向けに、こんな使い方をすれば、別に関数を知らなくてもけっこ楽しめるねっていうものを紹介しましょう。 まずは、割り勘の計算を素早くする…
コメント:0

続きを読むread more

安全な海鮮に電気の助っ人

アニサキスってご存知ですか。読者の中にこの寄生虫のせいで酷い目に遭った方もいることでしょう。寄生虫ですから、加熱すれば問題ありませんし、一定時間低温状態にしておけば、やはり問題ないことが分かってはいますが、鮮度が失われてしまい、美味しさはどこへやらとなってしまいます。しかも、いったんアニサキスによって食害を受けた方は、二度目のアニサキス…
コメント:0

続きを読むread more

情報番組のスイーツ店

私は朝のニュースショーと土曜日のワイドショーで、スイーツの店の情報を見ることが多いのですが、これを見ていると本当に気持ち悪いほどてんこ盛りの商品から、どうしてそんな組み合わせ?と思える程奇を衒うにもほどがあると一言言わずにはいられない商品が、大手を振ってテレビに紹介されています。しかも、スイーツなのに食事以上の金額で出てくるなんて今や当…
コメント:0

続きを読むread more

銀行通帳にも手数料が必要!

皆さんが普通に使っている銀行通帳が、ある日有料化されるというお話です。 クレジットカードの使用履歴を紙で発行すると有料ですなんて話が、最初はびっくりしたものですが、一社がやると後は雪崩を打って紙での明細にはお金がかかるようにしてしまいました。 そして、銀行でも、同じような流れが起きてきています。でも、これはとても危険なことです。…
コメント:0

続きを読むread more