これは「あさましい」

最近ちょくちょく見かけるのが、食品スーパーの無料の袋を大量に持って行くおばさん・おばあさんの存在です。野菜売り場のジャガイモ・玉ねぎ・ニンジンなどのばら売りを自分で詰める用の袋。あの薄い袋をがばっという感じでつかんで、持ち帰るおばさん・おばあさんたち。
しかも、多少は周りに気を使っているのか、こちらと目が合うと、「テヘッ。」という感じで変な声を発したりします。
その姿は卑屈そのもので、ホント嫌ですね。

同じく、商品の清算が終わって、マイバッグに詰める段になると、またぞろ、備え付けの汁物を入れる薄いビニール袋を、ロール状になっている袋をガーーーーっという感じで腕をぐるぐる回しておそらく何十枚単位で持ち去っていくおばさん・おばあさん達がいます。
もう、この行動が身に沁みついている感じで、平気で持ち去っていきます。

必要以上の袋の持ち去りは、スーパー側では黙認しているのでしょうが、その行動そのものを良しとしないものにとっては、何とも「あさましさ」だけを感じる光景です。そう、まさに「あさましい」姿です。
で、そんなにたくさん持ち帰ったところで、おそらくは有効利用などせずに、最後は無駄に捨てられているような気がします。

こういったマナーしらずのおばさん・おばあさんには、一言声をかける運動をスーパー側で行ったらよいと思います。それも、個別対応ではなく、定期的な店内放送で、しかも、肉声でやったら効果があると思います。
そんなミミッチイことをしたところで、生活の足しになるわけでもなし、ただ単に、なんとなく習慣としてやっている行為だとおもいます。

そういった大人を野放しにしておくと、それを見ていた子供たちは、「ただの袋ならいくら持って行っても良いんだ」くらいに思い込んでしまうことになります。声をかけるのを躊躇うのなら、せめて、その人のグッとそばに近づいてみるだけでも、十分な抑止力になると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント