オスプレイ 仙台空港に緊急着陸

何かと物議を醸すことの多いオスプレイですが、昨日、仙台空港に緊急着陸をリクエストして、無事着陸し、他の航空機の離発着にも影響を与えなかったといったニュースが流されました。

本当に緊急着陸をリクエストするほどひどい状況だったのでしょうか。これは、関係者以外には絶対に真実は伝わってこない事項ですので、我々は今後も真相に迫ることはできても、本当の内容に触れることはできないでしょう。

でも、目的についての推測は可能です。普通なら邪推と思える結論を出しても、それがもしかすれば真実の的を射抜いているかもしれません。
ここでの、邪推を述べておきます。記事の題名だけですと、一見したらオスプレイのネガティブな面が強調されていますが、民間空港に軍用機が姿を現すといった面だけを強調してみてください。

実際の運用実績として、緊急時にオスプレイは民間空港に降り立ったことが有るという、足跡を人々の記憶に残したのです。
これが何を意味するのか?そう、どんな形であれ、一度でもこういった実績があったことで、人々の中に刺激に対する耐性が出来てきます。すると、二度目三度目あるいは二か所目三か所目が有っても、もはや話題性は初回よりずっと薄れますし、刺激の面でもレベルはぐっと下がってきます。

実は、これが真の狙いだったと考えたどうでしょう。深謀遠慮とまでは行かなくても、平和慣れした今の大多数の日本人には、その慣れだけ十分な「経験」となってしまいます。つまり、激しい反対運動を起こす起爆剤としての「値打ち」が減じることになるのですね。
穿った見方です、これは。だから、これが本当の真相であるかどうかは未知数です。

これは、「刺激の汎化」と呼ばれる、心理操作の基本でもあります。
このような側面を持った心理操作は、実は新聞記事やテレビのニュースでも頻繁に使用されています。

今日のブログの記事の目的はまさにそこです。どんな話題でも、必ず別の面から深堀する必要があるということなのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント