痛恨の極み

総務省は2021年6月25日、2020年(令和2年)国勢調査人口速報集計結果が公表した日本の総人口は1億2,622万7,000人。
2021年8月6日午後10時51分 この瞬間、おそらくは日本全国数千万人のため息が聞こえたはずです。
視聴率が仮に35%だったとしたら、4500万人近い人の長嘆息って、想像するだけでそれこそため息ものです。

オリンピックの放送に釘付けのあなたならもうお分かりですね。
そう、日本男子陸上界で、400m男子リレーのバトンミス。テイクオーバーゾーンの中でのバトンの受け渡しに失敗したのです。
まさに、痛恨の極みだったでしょう。
4人の選手たちにとって、この瞬間はまさに超ど級の衝撃が心を揺さぶったことでしょう。

絶対的な走力では劣る日本が、バトンリレーによる時間短縮で、メダルを獲得してきましたので、今回も!の期待は凄いものが有ったはずです。
そして、選手たちもそれに呼応して、予選の安全策と決勝の攻撃的な策を、練っていたとの述懐が、レース後のインタビューで語られました。
しかし、気負いがまた9レーンというすべてが見渡せる配置等が、心のどこかに平静を失なわせてしまったのだと思います。

人々の期待に応えたいという熱い気持ちが空回りしたのですが、このチャレンジングな精神のベクトルには、アスリートの滾る思いがあればこその結果であり、逆の状況を実現していたら、それは称賛の嵐に変わっていたことでしょう。

この大舞台で、失敗するかもしれないと思っていたかもしれません。
それが具現化してしまったのかもしれません。
でも、これを勇気という言葉に置き換えたら、これほどの勇気もまたそうそうは見ることのできない類のものではないかと思うのです。

こんな決断をしたことを内に秘めてレースに臨んでいたのだとしたら、それは後輩のための先輩の気概を示したものなのでしょう。
素晴らしい決断に、改めてエールを送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント