福山雅治の発信力

福山雅治と言えば、年齢を重ねるにつれて渋みが増してきて、その存在感はなかなか大したものですが、彼は徹底してメディアが作る半分虚偽の報道については、見て見ぬふり(=所謂、スルーする)を貫いてきたそうですが、先日のラジオで7分半にわたって自分の家族特に子供についての写真が印刷物に掲載された件について、「ここに来てついに一線を大幅に超えた」と判断し、「抗議の声」を上げました。

しかも、その淡々とした話しぶりは、本当に怒っていることを表現するには十分なトーンであり、歌手・俳優である彼の面目躍如たる面が十分に発揮された独白であったと思います。

今年の5月3日には、賀来賢人が全く同じ趣旨の発言を自身のインスタグラムでしていますが、発信力の大きさは残念ながらあまりなかったように思えます。(失礼ながら…)
しかし、福山雅治自身のラジオ番組で放送されるや、スポーツ新聞各紙をはじめ、SNS各ニュースサイトはこぞってこの話題を取り上げましたので、その反響はかなりあったと思います。

俗に言うスケベな政治家のスクープが写真雑誌に載るのは、何も文句を言うことは有りませんが、何のスキャンダルも起こしていないタレントたちの家族写真迄平気で掲載するのは、写真週刊でなくても重大なモラル違反を犯しています。報道に自由をはき違えていることに気付かないか、気付かないふりをしているだけなのです。

それを掲載すると売り上げが伸びるから乗せるとはよく編集者は嘯く言葉ではありますが、これは逆の見方をすればゴシップであれば何でもござれの購読者層が存在してことを示しています。高尚な趣味を持ちなさいとは言いませんが、他人が提供する虚偽が混じった記事を喜んでみているようでは、そんな読者の存在自体が日本の毒です。すぐに現生から姿を消してくださった方が、日本の将来のためにとても役立ちます。

このブログでもたまに毒を吐いていますが、写真週刊誌の虚偽の混じった記事よりはまだましだと思っていますが………。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント