東京のゲリラ豪雨

梅雨末期の豪雨は、東京にも襲来しました。練馬や渋谷で雹が降ったそうですが、雹が降るというのはかなり上空の気温が下がっている証拠です。しかも、地面からの上昇気流も半端なく強いので、積乱雲の発達もまた凄いものがあり、昨日は横派の青葉区にいたのですが、稲光一閃、猛烈な降雨に見舞われました。

あっという間に、道路が濡れだしたかと思う間もなく、あちこちの高台から流れ落ちる水の量が多すぎて、下水の吸い込み能力を上回ってしまい、道路は冠水状態になってしまいました。吹き降ろす風も強烈なため、傘は全く役に立たず、道行く人はただひたすら下を向いて走り抜けていきます。降り始めてから10分も経っていないのに、こんなに道が水浸しになることは、そうはなかったはずですが、今は日本中どこでも起きえる現象です。

でも、今日の各地の豪雨、特に島根県での降雨はたった30分の降りであったにもかかわらず、ブロック塀よりも高い水位を記録しました。
これでは、どんな備えに対しての意識が高くても、なす術がないとお手上げのポーズしかとることはできませんね。
これに加えて、ついにやってくる夏。

本番さながらの強い日差しで、「こりゃ、たまらん。」とばかりに、上半身裸になったおっさんを見かけました。裸になると本当は汗が蒸発しにくくなるので、肌着は着ていたほうが良いんですがね。そんなことを忘れさせるくらい暑い夏は、もうそこに来ています。
オリンピックどころじゃないねというのは、今のかなりの日本人の心の中の叫びです。

菅さんはとっても謙虚ですから、「先手、先手を打って」と聞こえましたが、本当は、「何も先手、何も先手」と言っていたんです。心情を正直に吐露していたんですね~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント