同じ曲・二会場・ミックス画像

https://www.youtube.com/watch?v=fu0vC5vJhyM&ab_channel=%E3%82%88%E3%81%BF%E3%81%83PianoYomii%E3%82%88%E3%81%BF%E3%81%83PianoYomii

まずは、このURLをクリックしてみてください。【2 Piano Cover.】「春よ、来い」【よみぃ】 と、クレジットされた動画です。本人の説明では、「ピアノコンサートで「春よ、来い」を演奏してみました。2会場でそれぞれ別の日に演奏しているのですが、後から聴いてみると2回分のテンポがかなり近かったので、曲中に2会場が変わっていくような動画を作ってみました。静岡と名古屋でかなり離れた場所での合奏です。」
ガンガンユーチューブにアップし続けているストリートピアニストだけに、豊富な経験を活かせる素材を使って出来上がった作品です。

で、最近はストリートピアノではなく、コンサート形式の映像もアップされるようになりました。
こちらの画像は、ストリートと異なり、反響が計算されている作りですから(多少の良い悪いはこの際目を瞑ってください)、そんなにガンガン音出しをせずに、しかも、必要以上の速弾きはかえって邪魔になりますので、必然的に一音一音の粒立ちが重要になってきます。

そこらへんも考慮した演奏スタイルになっているので、耳に馴染みやすく、演奏者の本当の情感の持ちようが伝わってくるときがあります。
そして、今回紹介した動画は、同じ曲を日をまたいで別の会場で演奏したものにも拘らず、かなりスタイルが似ているという演奏者自らのアイデアで、二会場の演奏をシームレスに近い編集で見せています。

そしてここで注目して欲しいのは、ピアノがあのスタインウェイということなんです。高い楽器であることはあまねく知れ渡っていますが、今では地方都市でも自前のホールにはこのような高い楽器を備えていることが出来るようになったという軽い驚きも感じました。
他にも、ベーゼンドルファーが備えられているホールもあります。

演奏者自身はヤマハとのつながりが非常に濃いのですが、あちこちから声を掛けられて、結構細かい仕事も引き受けています。
若手バリバリ、AI技術にも通暁しているのだとか。まだまだ伸びしろが有りそうな若者です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント