インストール は、動詞です。

インストールするといえば、今の人達なら、パソコンやスマホにプログラムを入れるという風に解釈するのが自然です。
ところが、電車の動画コマーシャルで、「私のインストールは………」という使い方をしているものが、多数放映されています。
インストールは「xxxxxxを設置する。」という動詞ですから、この電車のコマーシャルのような使い方は絶対にしてはいけないのです。

にも拘らず奇を衒っているのなら、インストールの文字の横に傍点を振っておくことです。傍点を振るということは、普段の正規の使いかたから逸脱していますよ…とう意味を読者に情報として与えているのです。
しかし、このように、何も表記上の注意書きが無い場合は、この言葉の意味を理解していないで、使っていることになります。

誠に恥ずかしいことと言えます。コマーシャルは、何人もの目に晒されて、幾度となくチェックされて初めてこの世に送り出されていくものと思っていますが、たまに変な文言を使ってくるコピーに出会うと、思わずぞくっとしてしまいます。

このコマーシャルでの「私のインストールは…」の表現は、本来ならば「私がインストールしたものは…」「私がインストールするならば…」のような意味合いなのかもしれません。
ここまで派手に間違うのは、かなり珍しいですね。よっぽどプレゼンで押し切った人がいるのでしょう。
そういった人が言葉をゆがませて使うことが、広告におけるキャッチィーなものという先入観に頭が塗られてしまった人なのでしょう。

こんな歪んだ知識しかない人がクリエイターだなんて常識外れで、少しかわいそうな気がしますが、これを通させてしまった周りのスタッフの罪は重いと思いますよ。
これは、実は氷山の一角にすぎません。その挙句というよりも、なれの果てと言えるのが、国会で証人喚問された際の政治家の答弁です。
「喫緊の…」「承知しております。」などの答弁用の慣用句は、なんの意味もない「う~~」「あ~~」となんら変わるところが有りません。

ということなんです、分かりましたか「ヨース………」さん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント