高齋正のカーレース小説の魅力

小説は、どんな魅力を持っているかは、読んで見なければ本当のところは分かりません。そして、その作家ならではの魅力を見つけると、一連の作品を読まずにはいられなくなります。更にその中に、共通の魅力を見つけると、もうその作家のファンになってしまいます。私にとってのそんな作家群の中に高齋正がいます。 その一連の作品の中で、特にお勧めしたいの…
コメント:0

続きを読むread more

傍若無人 雑誌拾いのオヤジ

近頃、小田急小田原線でよく見かける光景があります。それは、薄汚れたスポーツウエアー姿の下卑た感じのオヤジ。年のころは、50歳代後半?ごみの分別収集用のボックスの下の部分に、雑に括り付けた車輪で、ホームをゴロゴロ車内をゴロゴロ。 最初の頃は声は出さなかったものが、近頃はドアの前に座りこんで、話しかける風の独り言を……。 きっと、話…
コメント:0

続きを読むread more

今年のさくら

コロナ蔓延が全然収束の見通しが立たない中、実効のかけらすら見られなかった緊急事態宣言が終了しました。 それにしても、じっとしていることが出来ないのかと思える程、人が動いていますね。そんなに今の若い人たちは我慢が出来なくなっているのでしょうか。規律の面でのレベルが落ちてしまったのでしょうか。 実態は、どうもそうではないようなんです…
コメント:0

続きを読むread more

一流企業と二流企業の差

「一流企業と二流企業の差」これはいかにも間口が広すぎるような感じを受けるでしょうが、以下のような観点で見ていくと、意外と簡単な部分で、差が付いていることが分かります。 まず、ホームページにアクセスしてみると、イメージばっかり・理想論ばっかりなどの差が目につくでしょうが、最初のチェックポイントは、「問い合わせ」のメールアドレスがきっ…
コメント:0

続きを読むread more

池上彰氏の功績

2021年3月26日朝日新聞朝刊に、14年間続いた「池上彰の新聞ななめ読み」を終了するにあたっての記事が、社説拡大ページとして、両面見開きの左半分を使って、掲載されていました。自身の筆になる終了の理由が述べられているものでしたが、それもこれも従軍慰安婦に関する氏の記事が掲載を拒否されたことから発する朝日新聞への疑念を払拭しようとする気持…
コメント:0

続きを読むread more

パンを買って……

春になると製パン各社が、「シールを集めて、△△△を貰おう。」「必ず貰える、△△△春のパンまつり」が、恒例行事のように始まります。 季節の風物詩にもなっている感じがします。流石に、俳句の季語のにはならないでしょうが。 これが始まると、毎年不満に思うことがあります。食パンがメインのようですが、かと言って菓子パンはどうかと言えば、これ…
コメント:0

続きを読むread more

続LINE問題

この2・3日、急にLINEについての議論が巻き起こっていますが、そもそも国家に関連する情報漏洩が取りざたされる前に、その仕組みを十分に理解しておくのが国家というものだと考えます。前々から言っているように、日本発の仕組みではなく他国の開発した仕組みに安易に乗ってしまうところが、余りに情けなくもあります。 一介の民間人でさえ、仕組みか…
コメント:0

続きを読むread more

ストリートピアニスト 座間公演 惜しい‼

ストリートピアノの動画を非常に多くアップしているYMが、コンサート活動として神奈川県座間市でも演奏しました。ここのハーモニーホールでは、どんなセットリストだったかはわからないのですが、1曲だけ先日ユーチューブにアップされました。 ここで、軽い驚きが画面からの情報にありました。そう、座間市はスタインウェイ・アンド・サンズを持っているんで…
コメント:0

続きを読むread more

体感震度

東日本大震災のちょうど10年目にあたる今年、あの3月11日の一月前の2月13日に宮城県沖を震源とするた震度6強の激しい地震に続いて、3月20日にもほぼ同じ地域で震度5強の地震が発生しました。今回の地震は、自宅でパソコンに文章を入力中でしたので、すぐに感じました。最初にユサッと来て、揺れがだんだん大きくなるのは2月の時と同じでしたが、揺れ…
コメント:0

続きを読むread more

流れ星新幹線

JR九州は本当に粋な企画を立てますね。新幹線車両から、華麗なカラーの光を九州の街並みに投げかけながら、走行するという今回の九州新幹線運行開始十周年企画は、いつもどうりの新幹線のダイヤ編成の中で、律義にタイムキープしながら、九州を駆け抜ました。 実際の動画をニュースでご覧になったこともいらっしゃるでしょうが、改めてその美しい姿のショ…
コメント:0

続きを読むread more

フロストシュガーが消えた?

フロストシュガーはグラニュー糖に空気を含ませて顆粒状に加工したもので、製菓材料に使われていますが、ヨーグルトに溶かすお砂糖と言えばフロストシュガーを置いてありません。ところが、この数か月、あちらこちらの食品スーパーの売り場から、フロストシュガーの姿が消えたままになっています。 元々、フロストシュガーはプレーンのヨーグルトには、必ず…
コメント:0

続きを読むread more

鳥取砂丘のいたずら書き

いつの時代でもどこの地域にも鼻つまみ者はいるものです。その中でも目だちたがり屋となると、実はこれ結構な体力を使います。 鳥取砂丘にいたずら書きをしたということで、テレビのニュースでその文字が映しだされたことが、過去に何度もありますが、私の場合、実際に鳥取砂丘で「好きだ、愛してる。」の文字を見た事があります。 かなり巨大な文字で、…
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHAは著作権に厳しい

YAMAHAは、自社のアーティストの映像に関する著作権に対しては、非常に厳しいところがあり、過去にユーチューブで見ることのできたヤマハ関連のビデオ作品やミュージックビデオが、悉く見ることが出来なくなっています。消されても消されても、しつこくアップし続ける人もいることは事実ですが、殊更に懐かしい映像や貴重な映像を狙い撃ちして、ユーチューブ…
コメント:0

続きを読むread more

LINE問題……警鐘の通り

LINEを使う人に対して、以前からこのブログでは警鐘を鳴らしてきています。それなのに、自治体までが、手軽だからとか便利だからという理由だけで、LINEを使っています。韓国系の企業が発祥ですから、もとより信頼度は低いのですが、委託先が中国なんて言ったら、うさん臭いを通り越して、国民の情報は全部引っこ抜かれていてもおかしくない状況だというこ…
コメント:0

続きを読むread more

論語読みの論語知らず……

論語読みの論語知らず このことわざは、実に世の中のいろいろな方にフィットしますね。 訓戒を垂れる本人が、それに沿った行動が出来ていないにもかかわらず、自分の知識をひけらかしている無様さは、いったいいかばかりであろうか……くらいの意味なんですが、このことわざの厄介なところは、それをしっかりと口に出して人を諭す人ほど、己の行動の中にことわ…
コメント:0

続きを読むread more

会計年度・冷凍年度そして

いろいろな統計が世の中には存在しますが、それぞれ一年間を集計する時に開始する月が異なるので、例えば名前的に面白いのが冷凍年度です。 その年の10月から翌年の9月末までの一年を、冷凍年度として扱うものです。なぜ、10月から開始するかと言えば、暑さが和らぎ冷房が必要でなくなる時期ということで、日本冷凍空調工業会が決めたものです。 (この呼…
コメント:0

続きを読むread more

マイクロソフトの体質

インターネットにいつでも接続可能環境でパソコンを使用していると、最近はマイクロソフトの介入が激しくなってきていることに気付きます。昨日も、「○月○日で現行のWINDOWS10のバージョンは使えなくなります。すぐに再起動云々……」と表示され、仕方な再起動しましたが、以前から細かな更新のパッチを当てると、かえってそれが悪さをして復元すること…
コメント:0

続きを読むread more

NHKはBBCになれない

3月14日午前00時01分、NHKのニュースは、さる政教分離が一向に進まない政党の党大会での様子を、首長の生の声入りで約90秒放送しました。内容は秋の衆議院議員選挙や夏の都議選について、党を鼓舞するものでした。これは、驚きの……………と言って良い出来事です。様々な政党を、同列に配して、均等な時間枠で放送してこそ……の日本放送協会であるべ…
コメント:0

続きを読むread more

ファイル管理

パソコンは、新品のうちは、しまってあるファイルは少なくて、前のパソコンにあったデータを引っ越すときは、なんだかんだ言ってかなり減量します。そして、前のパソコンのデータをもう使わないことがはっきりしたら、そのパソコンはお払い箱となって、捨てられる運命です。 その時、新しいパソコンには、いま絶対に必要なファイルが厳選されて入っています。 …
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり3.11

10年前の14時46分、私は神奈川県松田町にいました。小田急小田原線の新松田駅とJR御殿場線の松田駅がある町です。新松田駅から歩いて20分弱の倉庫の中で地震に遭いました。倉庫そのものはかなり頑丈な作りなようで、ミシミシという木造の建築の音はしませんでしたが、私の背丈の軽く二倍以上もある大きな重い鉄の扉がガッチャンガッチャンと派手な音を立…
コメント:0

続きを読むread more

カメラはミラーレス?究極のカメラとは?

ミラーレスカメラにおいて、ユーザーが気になる点二つだけ、一つはEVF(=電子ビューファインダー)の性能に、もう一つは電子シャッターのローリングシャッター歪みにあると言えます。でも、このうち、後者は別にミラーレスでなくても、同じ課題を抱えています。 便利になり続けるデジタルカメラですが、多くの機能を持っているがために、多少ともそれら…
コメント:0

続きを読むread more

ヒーリングの奥義

ヒーリングをするうえで、一番活躍するのは何といっても手のひらです。手の平を当てた場所に何か異変が有れば、すぐにそれが分かるのがヒーラーです。何も感じ取れない人は、普通の人だと思って構いません。ヒーラーの掌は本当に繊細な感覚を捉えることが出来、驚くのはその感覚に見合った反応を起こします。 その反応とは、一般的には手が暖かくなる~熱くなる…
コメント:0

続きを読むread more

小田急 ダイヤ改正 2021

今年も鉄道各社は、この季節にダイヤ改正を行います。いつも不思議に思うのですが、改正という言葉は正しく使われているのかという疑問が湧きます。いろいろネット上に出ている記事は、皆出所は一緒らしく、  改正とは法律などの内容の古いものや間違ったものを改めることで、  改定とはルールを改めて定めることで、  改訂とは文書の内容を変更するこ…
コメント:0

続きを読むread more

岩垂かれん

2021年3月7日 BSフジ系列で、「輝き続ける中島みゆき」と題して、2時間の番組が放送されました。 決して、本人が生出演するわけではないのですが、彼女の魅力をゲストが存分に語り、合間に本人のビデオが流れ、工藤静香と中村中(あたる)が中島みゆきの歌をスタジオで歌うという趣向です。 ゲストの中で異色だったのが、「岩垂かれん」です。…
コメント:0

続きを読むread more

飛行機整備のA,B,C

飛行機整備のA,B,C なんて書くと、整備の初歩が分かるような感じを受けるでしょうが、整備にはいくつもレベルが設定されていて、しかも、航空機の運用方法などでも、整備の方法は変わってくるので一概には言えないのですが、一般的に、A整備、B整備、C整備と名前が付けられています。 また、分類する方によっては、A整備よりも前の段階でT整備が…
コメント:0

続きを読むread more

二十四節気

一年を24の季節に分けたそれぞれを「節気」と呼びます。日本には四季が有ります。四季のうつろいなんて言う言葉があるくらい、季節には一種風情を感じます。以下に今年の二十四節気を書いておきましたが、雨水・清明・穀雨・小満・芒種・処暑・白露は、意外に知られていません。 「今日は節気で言えば、芒種だね」なんて話しかけられて、きょとんとしてしまう…
コメント:0

続きを読むread more

山田孝男伝説 その43

ゲシュタルト崩壊 という言葉があります。ゲシュタルトとは、或る、まとまった形の集合体?「個々のパーツが組み合わさって形作られている物体であっても、全体として認識する」というちょっと訳の分からない=認識するにはあまりにも難解な概念のように思えます。 しかし、こう言い換えたらどうでしょうか。 よく知っている人の顔をじっと見つめさせて…
コメント:0

続きを読むread more

土地の相続

相続という言葉には、一種触れてはいけない響きを感じますが、いざ相続の場面に自分が放り込まれたときに、何でもッと仕組みを覚えておかなかったんだろうと臍を噛む人が意外と多いようです。そして、ネット全盛時代ですから、該当住所を入力すればたちどころに教えてくれるサイトがゴロゴロしています。 でも、少しお待ちください。ネットで教て貰えるとい…
コメント:0

続きを読むread more

キャッシュカイ待望論

日産が欧州を対象に販売しているSUV「キャッシュカイ」がモデルチェンジしました。エクストレイルと同じクラスのSUVですが、以前、日本で販売していたデュアリスのもとになった車です。今の日産になくてはならないe-Powerを搭載していますが、日本で発売しているノートとはエンジン出力が全然違うんです。 まず驚くのは、可変圧縮比エンジン(…
コメント:0

続きを読むread more

髭を剃って気付いたこと

髭、この毎日伸びてくる厄介なヤツ、でも本当の役割は人体が危険に陥った時の防御反応なんだとか。体毛はその傾向が強いそうで、医者から言わせたら全身脱毛なんてのは、愚の骨頂なんだとか。でもそうはいっても、男性の髭はよっぽどりっぱな生え方でないと見苦しいこともまた事実です。 そして、お聞きします。あなたは、髭剃りクリーム派ですか、それとも…
コメント:0

続きを読むread more

「反復」の効用

「最近、物忘れがひどくなってねぇ。」この言葉は、人間だれしも30歳代以降は、頻繁に使っています。 照れ隠しとしては、もってこいの言葉ですが、ちょっと待ってください。本当に物忘れが激しくなっていますか。 確かに加齢とともに、新しいものを記憶する力は弱くなるようですが、そんなに酷くはないはずです。 新しいテレビドラマが始まったとし…
コメント:0

続きを読むread more