若林正恭

若林正恭 フルネームだけではピンと来ない人でも、テレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」の突込みと言えば、「あぁ」とすぐ分かりますよね。今や、オードリーとして活躍するより、単独での出演が目立つ彼ですが、この「激レアさんを連れてきた。」を見ていると、お笑い芸人の持つ凄さを感じます。

おそらく、普通人が話しても少しもおかしく感じないネタでも、彼の極めて自然に見える笑いと、少しの突込みでたちまちゲストが笑い転げるのを、皆さんも何度も見ているでしょう。世の中には、面白い話をする人はいっぱいいます。でも、瞬間芸のみで、笑いの渦に引き込む力を持っている人はそうそうはいません。

彼の話芸は、じっくり観察すると、いま最高に近いところにいるのではないかと思います。
出たての新人が必死になって舞台で早口でまくし立てても、一向に客席が反応しないシーンは、ドキュメンタリーなどで取り上げたがる題材ですが、こと、第一線でバリバイト仕事をこなしている若林をネタにして、番組を作ろうなんて言うプロデューサーはいないでしょうから、画面越しにゲラゲラ笑わされているだけの視聴者では、彼の至芸は分析してみようが有りません。

あの三菱電機のCMで見ている彼は、お笑いの要素はほぼ影を潜めているのに、それでもそういった起用にも応えることが出来るセンスは、並の能力ではありません。元々漫才で鳴らしていて、MC業も正業に近いお笑いタレントはかなりいますが、とぼけと突っ込みのバランスを取れる人は数少ないでしょう。先日このブログで取り上げた加藤浩次ぐらいでしょうね、いま活躍している中で、お笑いと司会を器用にこなせるのは。

だから、「激レアさんを連れてきた。」と言う番組に、引き出される一般人と比しても、彼のレアさは同等かそれ以上だと私は思います。
どんなお笑い芸人でも、絶頂期はそこに登場するだけで笑いが起きるほどのオーラが有ります。その次に来る視聴者が見慣れてしまった時にこそ、芸人としての本当の力量が問われる時です。

果たして、若林正恭と言う芸人は、どんな未来を歩いていくのでしょうか。これこそ、予測が全くつきません。きっと激レアな体験が待っているのではないかと勝手に想像しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント