やっぱりPCの音だね?

今やブルーツースを搭載していないパソコンを、見つけることは困難なほど、当たり前に装備されています。
ブルーツースには実にいろいろな規格が有りますが、今の再生対応機はそれらをほぼすべて網羅しているので、接続できないなんてことはまずありません

しかし、問題はその音質です。パソコンで聞く音は、ほぼユーチューブなどを音源としたミュージックビデオやゲームの効果音のはずです。
このうち、ゲーム音はともかく、音楽となると実際のパソコンごとの違いが際立ってきます。
しかし、所詮、実用的な側面を強調すれば、価格は抑えねばなりません。すると皺寄せを食うのは、音を発生する部分です。

音を発生するとは少しおかしな表現ですが、パソコンの場合は、デジタル信号をアナログ信号にするDA変換チップと、アナログになった信号を増幅して音響機器を鳴らせるだけのレベルに引き上げるアンプの質によって音の良し悪しが決まってしまいます。

安いDAチップだと、ロクな音にはなりませんが、更にアンプが貧弱だと、本格的なヘッドホンをつないだ場合、アンプが腰砕けになってしまうことが有ります。今のパソコンは、このDA変換後の音をブルーツースで飛ばしていますので、良い音のはずが有りません。(一部には良いものも有ります。)本格的な音を楽しみたいのなら、サウンドボードを内蔵させて、そこにデジタル信号を入力すれば、見違えるほどのレベルの音を聞くことが出来るようになります。

ここまでくれば、ちょいと奮発して、20,000~25,000円クラスの密閉型ヘッドホン、できればモニターと銘打った機種を接続して、グッドサウンドライフを楽しみましょう。

聞き込んだ歌手のナンバーを、古いiPodで聞いてみても、最新のパソコンでディスクを再生した場合では、音はパソコンが数段低いレベルであることは否めない事実です。機能的にはいろいろなことが出来るパソコンですから、是非サウンドボードを買い足してみることをお勧めします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント