日和見 新・感染

現在の内閣は今回のタイトル「日和見 新・感染」がぴったりです。
都はるみの歌に「♫三日 遅れ~の 便り~を~ 乗せて~~~」というのが有りましたが、今の政府の方針変更は、二週間遅れで事が進んでいるようです。
つまり、後手後手に回っているということなんですね。

何も今に始まったことではなく、前内閣の後半二年間ぐらいのいろいろな施策は、すべて実施が遅すぎました。
こうなったらこうなるからこのような対策費が必要で、これくらいの拠出が必要になってくるだろうと計画しているのでしょうが、そのスピードが遅い遅い遅すぎるのです。

日本人は生真面目なので、マスク着用によってコロナ禍を上手に抑制して貰えるという、いわば他力本願の王道のような政府の読みは、うまくいっているように見えましたが、それを政府自らが壊してしまったのがGO TO キャンペーンです。
もう一つの日本人の特質は「もったいない」でしたよね。サービス券を使い切る・割引期間中にサービス券を利用するなどの、特典を使い切ろうとする風潮が強いのもまた日本人の特質です。

その証拠が、この三連休の各地の混みようです。実際のところ、私自身が驚いているのですが、こんなに人が出るものなのでしょうか。
でも、今日のテレビ各局のニュースを注意深く聞いていると、かなり政府に遠慮しているのが見え見えでしたね。何を忖度しているんでしょう。もっと、強烈なパンチを政府に与える役目を担っているという自負が、今のテレビ局には有りません。

いくら総務省が怖いからと言って、ここまで弱腰で良いのかと思える程の報道の姿勢には、いさかかがっかりもんですね。一応、GO TO キャンペーンを批判的に取り扱ってはいますが、その実、その後のコーナーで観光地の名物をピックアップしているんですから、情けないと思ってします。最近は骨のある政治家がいないと嘆きますが、メディアという強力な武器を持っているテレビが動かなくてどうすんでしょう。

そして、評論家は所詮評論家であり、それ以上でもそれ以下でもないことを改めて認識してくださいと強く言いたい。彼らは事を起こす引き金を引く勇気は持っていませんからネ……………。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント