川端龍子

近代日本画の巨匠の一角を占める川端龍子(かわばたりゅうし)は、自ら主宰する青龍社(全盛期には50人以上のメンバーを抱える)で、活発な活動を展開していたことで有名です。しかも、通常、作家の記念館は画業が素晴らしかったことをこのまま埋もらせるのは惜しいとする文化人の力で、没後に建てられるのが普通のパターンですが、川端龍子の場合は、作品は会場…
コメント:0

続きを読むread more