日本カー・オブ・ザ・イヤー

日本カー・オブ・ザ・イヤーと言えば、40年の歴史を誇る日本を代表する自動車を選考する賞ですが、ボルボやフォルクスワーゲンが受賞したことも有ります。 日本カー・オブ・ザ・イヤーの規則には、以下のように書かれています。 「市販を前提として日本国内で発表される乗用車の中から、年間を通じて最も優秀なクルマを選定し、そのクルマに日本カー・…
コメント:0

続きを読むread more

中規模マンションのメリット

マンションと言えば、昔はとても高いイメージでしたが、今では極めて普通の住まいです。 しかも、一戸建てにはないメリットが有るんです。まず、家の外に出るには玄関しかありませんから、戸締りが簡単で確実ですね。 そして何より、冷暖房にかかる経費がとても安いんです。(ただ、条件としては、マンションの一階部分と最上階、両小口の部屋は含みません。…
コメント:0

続きを読むread more

ワイヤレスステレオイヤフォン

ワイヤレスステレオイヤフォンは、右と左で音質に差があります。「えっ、ウソでしょ?」嘘ではありません。 今回は、ブルーツース製品に限ってお話します。 ヘッドホンでも有線タイプ、いわゆる再生機器の音声出力電流を、ヘッドホン本体迄有線で導きいれ、発音体に電流を流して音に変換する形式のものは、再生機器の性能がダイレクトに劣化なしにヘッド…
コメント:0

続きを読むread more

RSE狂騒曲

1991年3月の運用を開始した小田急小田原線新松田からJRに乗り入れ御殿場迄直通するロマンスカーRSE。そして、2012年3月をもってラストラン。約20年にわたってRSEは走り続けました。 RSEとは、Resort Super Express の頭文字です。 ロマンスカーは別に速度はそんなに出すわけでもなく、110Kmが走行上の…
コメント:0

続きを読むread more

ティッシュペーパーボックス:中身が減った?

ティッシュペーパーのボックスタイプは、東京オリンピックの年である1964年に登場してから長い間、400枚(200組)が定番でした。だれがどういった基準でこの数量にしたのかは分かりませんが、その後はコスト削減のために、箱のサイズを小さくするとか、ボール紙の厚みを減らすとかしていました。ただ、枚数は変わりませんでしたので、だんだんきつきつに…
コメント:0

続きを読むread more

なかなか!!鉄印帳

寺社を巡る「御朱印帳」の鉄道版「鉄印帳」に要注目です。 第三セクター鉄道等協議会加盟会社40社が合同で取り組み始めたこの企画は、最初は本当に及び腰で始めたようです。 たったの5000部印刷して、各社で販売開始したものですから、即完売。(7月10日販売開始) 経費が厳しい中での新しい企画は、それだけでお金がかかりますから、一社平…
コメント:0

続きを読むread more

危険な発言

トランプの「マスクをしない」心を操る再選戦略 日本人が知らない「狂ったアメリカ」驚愕の真実 津山 恵子 2020/10/23 12:10 と、クレジットされた記事が、ネットにアップされています。 マスクの部分は良いのですが、下の方を見ると、こんな記述があります。 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 遺伝子組み…
コメント:0

続きを読むread more

三菱スペースジェット離陸せず

2008年に開発を開始したものの、機体の強度不足や型式証明取得ノウハウの不足によって、販売開始時期をずるずると6度も延期してきた三菱スペースジェット(旧名:MRJ)は、今度はコロナ禍による航空需要激減のあおりを食って、発注・販売が見込めない状況になり、今年の開発経費予定額を切り詰めていましたが、ついに開発凍結の結論に達したとのことです。…
コメント:0

続きを読むread more

川端龍子

近代日本画の巨匠の一角を占める川端龍子(かわばたりゅうし)は、自ら主宰する青龍社(全盛期には50人以上のメンバーを抱える)で、活発な活動を展開していたことで有名です。しかも、通常、作家の記念館は画業が素晴らしかったことをこのまま埋もらせるのは惜しいとする文化人の力で、没後に建てられるのが普通のパターンですが、川端龍子の場合は、作品は会場…
コメント:0

続きを読むread more

この歌は・・・なんだっけ?

とても印象的なのに、曲名も歌手名も思い出せない。記憶はもうここまで来ているのに、最後が・・・なんてことよくありますよね。 今日、昼食に入った店で、正にその状況になってしまいました。 唯一記憶に刻み込めたのは、サビの部分のメロディーとたった一言「花束を・・・」だけでした。 せめて、歌詞の出だしでも覚えていれば、記憶の呼び起こしに…
コメント:0

続きを読むread more

日本総人口vsマスク

あれだけ大騒ぎしたマスク不足もすっかり解消して、今はその時泡食って仕入れたどこの馬の骨が作ったか分からない商品を、何でもない普通の食品店や中華の店で販売しています。50枚1000円と、ボール紙に赤いマジックで書かれていました。 流石に1000円よりは安い価格は見かけません。 日本のマスクの総需要っていったいどのくらいあるんでしょ…
コメント:0

続きを読むread more

総務省の偽メール

「二回目特別定額給付金の………」で始まる偽メールにご注意ください。 と、先日、メディア各社が取り上げたメールの主要部分を、ハードコピーしたモノを、以下に掲示しますね。 如何にもそれらしく書かれていますが、個人のメールアドレスに直接、総務省からメールが送られてくること自体、とても不自然なことです。 でも、結構ヒッカカル人もいる…
コメント:0

続きを読むread more

航空自衛隊次世代練習機

国産ジェット練習機として使われている、また、ブルーインパルスの使用機としても名の通っているT-4ですが、流石にデビューして四半世紀が経つと、設計飛行時間7500時間を経過するものも出てきますし、エンジンマウントの不具合の影響で、今年は一時全機飛行停止になるなど、そろそろ後継機を真剣に考える時期に入ってきました。 というより、少し遅いぐ…
コメント:0

続きを読むread more

季節の長さの物差し

「今年の春は………」「去年の夏は………」なんて会話をサラッとしていますが、季節感てどんなところで感じていますか。 春はもうこれは誰もが「さくら」でと思いきや、人によって様々なんですね。春は白い花から始まります。コブシの花はかなり大きな木に囲まれた林の中でも、まだ葉が出ていませんから、よく目立ちます。そして、タンポポ・つくし。 そして…
コメント:0

続きを読むread more

鮮烈F-15

登場してからもうかなりになるのに、いまだ航空自衛隊の主力戦闘機として頑張っているF-15ですが、その登場時の鮮烈さは物凄いものでした。パワーに物を言わせたタイトターンは、その当時のどの航空機にも出来ない機動性を見せつけましたが、それ以上に猛烈だったのが、その推力重量比です。 余りにエンジンが強力だったので、あの入間基地の滑走路を半…
コメント:0

続きを読むread more

検証-2

昨日の続きです。 ラジオを聞いて自前の天気図を作ることを覚えると、自然に身につくのが天気予報が出来るようになることでした。これは、海辺の漁師が、「あの岬に朝から雲がかかると、どんなに朝天気が良くても、午後から荒れる。」とか、「あの岬の先の山がくっきり見えるときは、良い天気が続く。」と言ったたぐいの、体感から来る天気予報と異なります。 …
コメント:0

続きを読むread more

検証

9月19日のブログは、こんな出だしで始まりました。 「あとひと月半もすれば暦の上では「立冬」です。今まだこんなに暑いのに、冗談のような「冬」の文字が出てくるんですね。」 そして、今日10月13日は、最高気温が17度でした。 どんなに天候が不順だと感じてはいても、季節は確実に進む・・・と、父親が口癖のように言っていましたが、まさ…
コメント:0

続きを読むread more

横風着陸

飛行機のパイロットにとって、横風着陸は最も難しい部類の操縦でしょう。飛行機はエンジンの力で前進し、前進する時の空気の流れで翼に発生する負圧の力で機体が浮き上がるわけですが、着陸に向かってエンジンは推力を絞っていきますから、当然機速も落ちていきます。 機速が落ちれば当然ながら機体を浮き上がらせる力も弱まっていますから、横風が吹いていると…
コメント:0

続きを読むread more

珍しい夢

夢は願望の捌け口なんて言われ方をされますが、本当にそう思います。 空を自由に飛び回る夢と同じくらい頻繁に見ている夢が有ります。 それは、いつも現実としか思えないような感じの実体験をしているような夢なんです。 階段を下りています。それも、一段ずつではなく、階段の格段の角の部分だけに靴底を滑らすようにして、降りていくのです。 階…
コメント:0

続きを読むread more

不思議な人種考

世の中には非生産的なことに力を注ぎこむ人達が沢山いる事に驚かされます。 その人種とは、「何かコトを起こした関係のない人」を誹謗中傷する人たちです。 ある学校で、「先生が生徒を殴りつけました。」といった記事は、誹謗中傷する人たちの格好のエサのようです。 SNSで匿名(ペンネームも含む)で中傷する、罵詈雑言を浴びせるという卑怯な行…
コメント:0

続きを読むread more

東京オリンピック

1964年の10月10日、前日の台風による荒天が一転し、正に秋晴れの下、東京オリンピックの開会式が挙行されました。 この10月10日が体育の日として、休日になったのは、この翌年の事です。 今のNHK朝ドラの主人公である古関裕而氏のオリンピック・マーチが、国立競技場で高らかに演奏されましたね。天才と呼ばれる人が作ったこの曲は、いま…
コメント:0

続きを読むread more

桑田次郎

マンガ家桑田二郎は、エイトマンで有名ですが、原作者が付いています。「幻魔大戦」の平井和正です。このコンビで作り上げたもう一つの作品が、「エリート」です。 エリートは、地球文明を見守る存在である「アルゴール」によって覚醒させられた3人の男たち(赤ん坊・中学生・犯罪者)を中心に据えたドラマです。 ドラマの導入部分がとても魅力的で、主…
コメント:0

続きを読むread more

あるストリートピアニスト

今年の5月くらいからよく見てるストリートピアノのユーチューブ画像ですが、たまたま1年前くらいにアップした同じ方の演奏を視聴しました。 驚いたことに、この方はもともとはクラシック畑でも、舞台に立つほどの腕前だったようなのですが、ストリートピアノとなるとクラシックに求められる静謐な演奏は場にそぐわないものです。 いきおい速弾きが求め…
コメント:0

続きを読むread more

428、328

これはそれぞれ、ヨンニッパ サンニッパ と読みます。 この言葉がすぐにピンとくる人は、かなりのカメラ好きです。望遠レンズと言えば遠くのものをぐっと引き寄せて撮影することが出来るレンズの事ですが、正式には400mmF2.8 300mmF2.8 のレンズの俗称です。 望遠レンズの中で一番使用頻度の高い規格ですが、F2.8が曲者なんで…
コメント:0

続きを読むread more

HONDA F-1撤退

ホンダと言えばチャレンジングな社風で知られていますが、その走る実験室を体現していた一つとして、F-1へのエンジン供給が有ります。 そのエンジン供給を、2021年シーズンで終了すると発表しましたね。 創業者 本田宗一郎は、バイクで世界一を目指すところから始まって、近年ではホンダジェットの製造・販売にまで進出してきました。 企業で…
コメント:0

続きを読むread more

モーゼ計画

まず、モーゼって?と思う人 あの「海が割れるあの映画のシーン………」と言えば分かる人も多いのでは。 このモーゼの名を冠した大規模な建設計画が、ついに完成して稼働を開始しました。 いったいどんな建設計画なのでしょう。 それは、ベネチアを自ら守るモノなんです。ベネチアってあの水の都って言われているあれですよね。 そうです。ベネチ…
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花の季節

彼岸花が各地で一斉に咲いているというニュースが、流れる季節になりました。 このニュースを聞くと、決まって親に怒られた記憶もセットになって蘇ってきます。名前の通り、彼岸ですから、考えようによっては不吉な花と思われてもしようがない面もあります。 ところが、昔から口伝えに「彼岸花を摘むと死人が出る。」と言われてきました。それがどうして…
コメント:0

続きを読むread more

半沢直樹饅頭

先日、高視聴率のうちに終了したドラマ「半沢直樹」、その番組名を冠した饅頭をいただきました。 9個入り1080円ですから、価格的には普通ですが、これがかなり美味しい饅頭でした。餡子の中でも私の好きな粒餡でしたので、余計に美味しく感じました。 なんて、普通に書いては面白くありません。 まずは以下の写真をご覧ください。 sca…
コメント:0

続きを読むread more

高機能太陽電池なのかな?

水素エンジンによる航空機の開発の記事を書いていたら、テクノロジー関係のWEBで「透明電極の太陽電池。赤外光と紫外光で発電し、可視光部分は透過するので、結果的に透明のガラス」なのに、発電する機能が有るという画期的な製品がもう4~5年も前に生み出されているという記事を目にしました。 ここまで読むとえらく有望に聞こえる太陽電池ですが、そ…
コメント:0

続きを読むread more

電話の保留音

トゥルルルルルル~、トゥルルルルルルルル~トゥルルルルルル~、トゥルルルルルルルル~、 「お待たせしました。木はらし広告です。」 「あっ、実川ですっ、竹柴田さん、いらっしゃいますか~っ。」 「少し、お待ち下さい。」 ここで、電話が保留になります。きょうの話はここからです。 電話の保留音はいろいろありますが、昨日の保留音はひど…
コメント:0

続きを読むread more