総務省の偽メール

「二回目特別定額給付金の………」で始まる偽メールにご注意ください。 と、先日、メディア各社が取り上げたメールの主要部分を、ハードコピーしたモノを、以下に掲示しますね。
sagimail.jpg

如何にもそれらしく書かれていますが、個人のメールアドレスに直接、総務省からメールが送られてくること自体、とても不自然なことです。
でも、結構ヒッカカル人もいるんじゃないんでしょうか。まったく、つまんないことをメールで送って来るもんです。
この種のメールの「おバカ」なところは、一日に何度も同じものを送ってくるということです。

それだけで、詐欺メールと言っているようなものです。やはり、この種のメールを送り付ける人種というのは、自己顕示欲の捌け口を求めているのでしょうね。ものすごく心が寂しいんでしょう。たまたま、こういったメールを送り付ける軽薄そのものの技術を知ってしまったがために、行っているのでしょうが、社会資源の無駄遣いも良いところです。

引っ掛かるやつはバカだぐらいにしか思っていないんでしょうが、この行為を行った者に対して、秋の夕暮れを感じてしまいます。
この表現も、この者たちは、理解できないんでしょうね。
結局のところ、情緒不足なんです。子供の感情を十分に育て切れない親が沢山います。それは、二つ三つの頃から、スマホやゲーム機を触らせてしまい、架空の世界と現実の世界の境界を認識できないまま育ててしまうことに起因する大きな弊害です。

保護者の自覚が足りないので、このような子どもが育つのです。子供と一緒の時には、携帯は電源を切って、行動しましょう。いつでもどこでもどんな状況でも、親が携帯を使っていれば、子供は学習してしまいます・・・・・・「あぁ、ここで使っても良いんだ。」と。
分別が付かない子供の前で、分別不足の親がする行動は、子どもの正常な発育を妨げるものです。しかも、親ですから一身近な存在でもあります。

親は子供に対して、どれほどの愛情を掛ければ良いのでしょうか?なんて聞いてくる親もいるのですが、できるだけたっぷりとに決まってるじゃないですか。スマホの蔓延は、コロナウィルスとは別の面で、人間を滅ぼすための技術になって行っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント