ル・マン24時間レース

ル・マン24時間レース、今年もトヨタの1,3位フィニッシュで、幕を閉じました。ただ、レースの結果表を見ると有名メーカーの参戦が無いんです。オートスポーツWEB
https://www.as-web.jp/sports-car/626990?all
をご覧ください。

私の知識不足なのかもしれませんが、往年の名車を輩出したあの頃の活気が全く感じられないレースです。時代はもうハイブリッドになってしまい、正直なところあまり面白くありません。
一応、ポルシェもフェラーリも出場していますが、メーカー参戦ではないようなのです。ジャガーの名は有りません。日産もマツダもその余力が無いのは知っていますので、名前は無くて当然かもしれませんが、この現実が「時代の流れ」だけで説明が終わっては少々寂しい気持ちが………。

アウディ・BMW・プジョーなどの名も見当たりません。もちろん、車としての性能を追求する姿勢は、微塵もブレてはいないのでしょうが、余りの様変わりぶりに、唖然とする思いと言ったら、言い過ぎでしょうか。日本でもこのレースの放映権をめぐって、熾烈な戦いが繰り広げられたことが有ります。

この時は、リアルタイムの放送がされるなど、日本のモータースポーツに関する機運も、ここまで加熱してきたのかの感を持ったものです。
他局がF-1の放映を録画ですることを良いことに、その結果をル・マンの放映開始時に喋ってしまうという信じられない愚挙に出たテレビ局が有ったくらいですから。

今はメインとなる地上波デジタルでは、モータースポーツの番組そのものが消えつつあります。
ニューヒーローの出現無くして、モータースポーツの復権はないのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント