「復活の日」ふたたび

日本を代表するSF作家である小松左京の「日本沈没」と並び称される「復活の日」は、今のコロナウィルス禍を、ズバリ予言している小説です。 物語は、西側の細菌兵器がマフィアに盗まれますが、それを運んでいる軽飛行機が墜落、そこからパンデミックにまで発展するところをつぶさに表現しています。その猛威は留まるところを知らず、世界中に拡散し続ける…
コメント:0

続きを読むread more