「糸」と「中島みゆき」

 菅田将暉(27才)と小松菜奈(24才)の共演で話題の映画『糸』(瀬々敬久監督)でフィーチャーされている主題歌「糸」は、中島みゆきが1992年に発表した曲で、のちに日本テレビ「聖者の行進」にも使われています。 今回の映画は、中島みゆきが直接かかわっているわけではなく、わざわざinspired by 中島みゆき とクレジットされている通…
コメント:0

続きを読むread more

木陰の連なる街

私が子供のころは、夏は暑いと言っても朝は気温がそれほど上がっていない時間帯が必ずあって、その時間は必ず夏休みの宿題をしなさいと言われたものです。夏を通じての最高気温はせいぜい31℃程度で、33℃なんて言う記憶は有りません。 だから、窓を開けて風さえ入ってくれば、昼寝をしていても家の中で熱中症になるなんてことは、考えられませんでした。 …
コメント:0

続きを読むread more

家賃支援給付金

「5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します。」経済産業省が行うこの事業は、意外や申請した書類の不備は指摘されて、受付がままならない状態の中小法人がかなりあるようです。 何より驚くのが、PDFで書式を提出することになっていますが、PD…
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権の終焉

政治の権力を握ったものは、立ち回りに気を付けさえすれば、かなりの強権を手中にできるもののようで、現政権のように正に崖っぷちに追い詰められようとなっていても、それに対抗する野党がだらしが無いと、なかなか打倒できないのですね。 実際、鳩山さんが首相をやったときの体たらくぶりは、全国民の開いた口が塞がらないをまさに具現化していました。辺…
コメント:0

続きを読むread more

自動車雑誌「B」の変調

実名は書きませんが、自動車雑誌「B」が、ここ半年ぐらいおかしいんです。 まず、表紙やスクープイラスト、以前はCGを駆使して描かれた本物と見紛うほどの高クォリティを誇っていたところが、品の無い黄色メインの色遣いの表紙、なんとなくデッサンの狂った新車予想図と、なんでこんなにクォリティが落ちてしまったんだろうと思えるほどの凋落ぶりです。 …
コメント:0

続きを読むread more

windows10で煩わしくなったこと

日本発のOSであるTRONが、アメリカ商務省の横やりを受け、国内の小学校に導入されなかった弊害は計り知れません。 一番の弊害は、勝手なマイクロソフトのふるまいを受け入れざるを得ない今の日本のコンピューター市場の発展の無さでしょう。 次の弊害は、自分に都合の良い更新を頻繁に行って、結果的にユーザーのアンタッチャブル領域を拡大して、余計…
コメント:0

続きを読むread more

佐藤琢磨インディー500 2度目の制覇

佐藤琢磨、インディー500で2勝目をあげる! この素晴らしいニュースは、今の日本にとってとても元気づけられるものですね。 2017年のシーズンに、琢磨がインディーで日本人として初優勝した時は、もう興奮しまくってしまいましたが、まさかまたも優勝を遂げることが出来たなんて、………ただただ驚きです。 世界三大自動車レースと言えば、ル・…
コメント:0

続きを読むread more

これからしたい事

子供のころは、「将来何になりたい?」と聞けば、「パイロット・お菓子の職人・先生………」と、様々な職業を口にしたものです。 しかし、人生も半ばを過ぎると、現実を考えてしまうせいか、「ここまで来ちゃうとね~」「新しいことをやるお金も体力も………」などと、かなりネガティブな返事が来るばかりです。 ところが、たまにいつまでも、夢を追い続…
コメント:0

続きを読むread more

永年探していた曲

高校生の頃に、深夜放送を聞いたまま寝込んでしまい、明け方ヘッドホンから流れてきた曲があまりに綺麗で、でも、誰のなんという曲なのか分からないまま曲は終わってしまい、メロディーだけ口ずさんで登校したことが有ります。 その時、友達にその歌を聞かせてみな知らないというのです。 この曲を含め、以前から題名の分からない曲が、私には4曲有りま…
コメント:0

続きを読むread more

醤油七変化

醤油は、日本人ならおよそ全員がほぼ毎日使っている調味料です。この醤油は、他の調味料と一味違った性質を持っていることにお気付きでしょうか。醤油以外の調味料は、調味料そのものの味と、それを使う料理の個性の融合で、「美味しい。」となるわけですが、醤油は面白い性質を持っています。 以下はすでに経験していることかもしれません。 1.豆腐、…
コメント:0

続きを読むread more

作曲支援ソフトの売りこみ

もう10年以上も前から使っている音楽ソフトが有ります。素人向けの鼻歌で採譜もしてくれる、優れものソフトです。 以前は、特別キャンペーンの案内が時たま来るだけでした。そして、バージョンアップ時には、特典で価格をかなり安く提供してくれるのがお約束でした。 しかし、老舗のソフトであっても、昨今のお手軽スマホサービスの前には旗色が悪いようで…
コメント:0

続きを読むread more

MIU404 綾野剛が良い味

綾野剛という俳優について、勝手にファンをさせていただきます。 最初に注目したのは、2013年のTBS系日曜劇場「空飛ぶ広報室」での自衛隊の広報マン役。 次に気になった作品は、2018年の真山仁の経済小説を取り上げたテレビ朝日系「ハゲタカ」でのファンド創始者役。 そして、いま放映中のTBS系「MIU404」の機動捜査隊での刑事役…
コメント:0

続きを読むread more

IRC

IRCとは、international reply couponのことで、日本では「国際返信切手券」と言い、日本郵便で売り出しています。国内で、郵送物の一部を返送して貰いたいときに、返信用封筒に料金分の切手を貼りますが、この切手に相当するものです。 海外から日本に郵送する時に、現地で切手を購入する手間を省くために、このIRCなら1枚で…
コメント:0

続きを読むread more

昔の「原稿」-2

昔の「原稿」-1 を下書きしていたら、感熱リボンて何?の質問あり。 そうかぁ~、もう感熱リボンなんて市場でほとんど見ませんよね。 プリンタの印刷方式には、大きく分けて「感熱」「インパクト」「インクジェット」「レーザー」「ジェルジェット」という方式が有ります。 その中の主流は、インクジェットかレーザーでほぼ決まり。両者の中間的な…
コメント:0

続きを読むread more

昔の「原稿」-1

書棚の整理で、入れ替えをしていたら、懐かしい原稿が出てきました。紙が妙につるつるで今こんな紙質の用紙は市場に出回っていないので、なんでかな?と思い返したら、それは感熱リボンタイプのワープロ専用用紙だったことを思い出しました。 ワープロ専用機という表現は当時は正式は呼び名ではありません。 当時はそれぞれメーカーが名付けたワードプロ…
コメント:0

続きを読むread more

安物スマホで大迷惑

スマホは今や、大迷惑なものとのイメージが定着している反面、こんな便利が詰まったものはないと評価されてもいる、アンビバレンツなツールです。しかし、システムとしての有効性は、使ってみなければ分からない隠れた欠点が有るものです。 私が使いだしたスマホは、比較的電池の持ちが良くて、配信メルマガだけの日が続くと、4日間ぐらいは充電無しでも大…
コメント:0

続きを読むread more

コロナが抑圧した集団歌唱時代

これでもかと登場してきた集団歌唱グループが、その存在を否定されようとしています。AKB48を嚆矢とする集団での歌唱は、どちらかと言えば音楽性よりも、数で圧倒することに主眼が置かれていました。 そして、その数の中でのセンターマイク取りや総選挙と言った話題性を提供することが、人気より先行して半ば強引にファンを増やしていったような経緯が有り…
コメント:0

続きを読むread more

雷三日

テレビで気象解説の際に、この「雷三日」を良く使います。少しでも気象に興味があればこの言葉は知っているでしょう。 なぜ、この言葉が出来たかも、けっこう知られていますね。 夏の暑い日差しで暖められた空気は、ぐいぐいと上昇していき上空に寒気が有るとそこで雲が発生し、早い速度で雷雲が発達していきます。 熱い空気は冷たい空気より多くの水…
コメント:0

続きを読むread more

実行しようとしている操作では多数のセルを………

最近、エクセルを使っていると、以下のコメントが表示されることが多発しました。 周りの人たちに聞いてみると、このコメントが出る人と、出ない人がいることが分かりました。 表示が出たからと言って、そのまま実行すればそんなに時間もかからずに終了するのです。 では、この表示はどんな時に出てくるのでしょうか。 エクセルのような表計算…
コメント:0

続きを読むread more

マシントラブルを呼ぶ人

「オーイ、またトラブっちゃったよ~。」Zさんの悲鳴が今朝も上がりました。 スタッフ一同はおもいます、「まただよ。」Zさんの機械音痴は超有名ですが、Zさんにはちゃんと言い分が有ります。 「マニュアル通りにやっているんだよな~。でも、どうしておれだけいつもトラブルんだろう。」 実は、こういう経験をお持ちの方は、大きな会社になると必…
コメント:0

続きを読むread more

「復活の日」ふたたび

日本を代表するSF作家である小松左京の「日本沈没」と並び称される「復活の日」は、今のコロナウィルス禍を、ズバリ予言している小説です。 物語は、西側の細菌兵器がマフィアに盗まれますが、それを運んでいる軽飛行機が墜落、そこからパンデミックにまで発展するところをつぶさに表現しています。その猛威は留まるところを知らず、世界中に拡散し続ける…
コメント:0

続きを読むread more

硝酸アンモニウム 大爆発

過去に、きのこ雲が生じる爆発の瞬間ていうのは、原爆や水爆の動画でしか見た記憶が有りません。しかし今度のレバノン・ベイルート港湾倉庫での硝酸アンモニウムの大爆発には、しっかりときのこ雲が写っていました。 それほどの衝撃波であったことを如実に、そして、克明に画像は捉えていました。 グーグルアースの爆発前と爆発後の写真比較を見るまでも…
コメント:0

続きを読むread more

専門家でも間違える

誰でも間違いはある、とは慰めの言葉でも上位にランクされていますが、こと専門家ともなると、間違いは大きな波紋を呼んでしまいます。 以下に二つ例を上げましょう。 一つ目:現役の気象専門の方は誰でしょう?と、ガウンを着せられた三人の男性が、気象用語について説明をし、それを判断材料として本物の気象専門の方を当てるクイズ番組でのことです。…
コメント:0

続きを読むread more

ヨーデルに嵌りました。

偶然見つけたヨーデルのユーチューブ画像。 「ウクライナの少女のヨーデルが凄い! She Taught Me To Yodel」 https://www.youtube.com/watch?v=5YEE6PV_15M ここで歌われているのは「スイスの娘」です。 通常、私たちが割と身近に聞くことが出来るのは、以下のような男性ヨー…
コメント:0

続きを読むread more

ブラックなシナリオ

「この状況が続いたら、人類の未来はどうなるんだ。」 「人口爆発は、もう地球の資源だけでは賄い切れないところままできていると言われながら、何の策も取られていない。」 「我々は人類を信じていいのか、分からなくなってきた。」 「そう、私も、そう思っていた、つい最近までは………」 「というと、なにかへんかでもあったのかね。」 「あった…
コメント:0

続きを読むread more

あのファイルはどこに?-ファイル命名法

長くパソコンを使っていると、何度か壊れる場面に遭遇するものですが、私の場合は今の代でと考えたら、記録も取っていないので何台目か分からなくなっています。ウインドウズだ出る前に初代を購入し、だいたいウインドウズが新しくなるたびに買い替えていましたので、10台ぐらいは買っています。 そのたびに重要なファイルだけはコピーしていくのですが、…
コメント:0

続きを読むread more

BGT=ブリテンズ・ゴット・タレント

ブリテンズ・ゴット・タレントは、アメリカNBCのアメリカズ・ゴット・タレントを逆輸入した番組。優勝にはロイヤル・バラエティー・パフォーマンス(英語版)の出演権利と賞金25万ポンドが獲得されるそうですが、この手の番組はどこの国でも見られるものです。 しかし、この番組はある歌手のデビューのきっかけとなったことで有名になりました。 番…
コメント:0

続きを読むread more

焼き魚の鮮度

町の定食屋に入れば、いろいろあるメニューの中で焼き魚って結構注文してませんか? ところで、焼かれた魚の鮮度ってどうやって見分けていますか。 焼かれてしまったら、鮮度なんてわからない?いえいえ、実に簡単な方法で見分けられるんです。 焼き魚ですから、大概の場合は皮が付いています。その皮と身を剥がしてみましょう。 サラッと大きめに…
コメント:0

続きを読むread more

AGT=アメリカズ・ゴット・タレント

アメリカズ・ゴット・タレント  ユーチューブでたまたま見つけた番組です。公開オーディション番組なんですが、審査員の評価がいかにもアメリカを感じます。常に最高に近い最大級の賛辞を連発するのですが、何しろ「アメイジング」の嵐といった方が良いでしょう。 日本人はこの賛辞の意味は知っていますが、最高の賛辞と思っていると大間違い?のようです…
コメント:0

続きを読むread more

快眠法免許中伝 後編

前編では、呼吸を調整していくうちに、イメージで体を少し左右に振るような感覚を味わえたか?というところで説明は終わっていました。 まだお読みで無い方は、以下のURLをクリックしてください。 https://15313573.at.webry.info/202008/article_1.html ここで説明を分けたのは理由が有りま…
コメント:0

続きを読むread more

快眠法免許中伝

爆睡しか経験のない方にはいらない記事ですが、眠れないという経験のある方には、是非お試しいただきたい方法が有ります。 それが、じりつ回転法と名付けられた快眠法です。 この方法を見つけたのは、自分の寝相が良いと思っていたのに、結婚した直後に妻から「なんでそんなに寝相が悪いの?」と言われたことがきっかけです。今までは、仰向けで布団に入…
コメント:0

続きを読むread more