ヨーデルに嵌りました。

偶然見つけたヨーデルのユーチューブ画像。
「ウクライナの少女のヨーデルが凄い! She Taught Me To Yodel」
https://www.youtube.com/watch?v=5YEE6PV_15M

ここで歌われているのは「スイスの娘」です。
通常、私たちが割と身近に聞くことが出来るのは、以下のような男性ヨーデルではないでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=mMOQrBTAYng

この歌はかなり有名で、日本人も歌っていますが、本当の裏声でのヨーデルとはなんとなく異なるのが、やはり民族の違いなのでしょう。

ところで、この少女の出ている番組がウクライナ・ゴット・タレントという名前なんですが、どこかで聞いたような名前ですね。
AGTとかBGTのパクリなんでしょうか。(少し前のこのブログに記事がアップされています)
しかも、審査員の評価までYes(ダーッ!)なんて出来過ぎですね。

日本でもNHKの紅白歌合戦があまりにも強力だったために、他局が「ナントカ紅白ナントカ」と言った類の番組名を多用した時代がありました。それを、国際的なスケールで物真似したというところでしょうか。
結局、どの国もどの民族も、人間の本質には変わりがないことを、証明しているような映像群を見た気がしています。

とは言いながら、ヨーデルの本場の歌声を聞く機会が非常に少ない日本では、ネットの普及によって身近な機材で聞けることは有り難い事だとも思っています。
当たり前の結論ではありますが、やはりネットは上手に使ってナンボの世界ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント