AGT=アメリカズ・ゴット・タレント

アメリカズ・ゴット・タレント  ユーチューブでたまたま見つけた番組です。公開オーディション番組なんですが、審査員の評価がいかにもアメリカを感じます。常に最高に近い最大級の賛辞を連発するのですが、何しろ「アメイジング」の嵐といった方が良いでしょう。

日本人はこの賛辞の意味は知っていますが、最高の賛辞と思っていると大間違い?のようですよ。
日本人の褒め方は、外国人には通じないのではないと思える程に、控えめです。控えめ過ぎて褒められていることにも気がつかないのではと危惧したくなるほどと言っても言い過ぎではないでしょう。

これは、アメリカと誠に対照的ですね。ただ、国民性の違いなのかもしれませんが、人を立てることについてはアメリカ人の方がストレートに褒めちぎります。その代り、少しでも破綻を見せれば、今度は容赦のない批判の言葉に晒されます。

こんな激しい社会に育った人たちと、何事も穏便に済まそうとする国民とでは、交渉ごとにおいてどちらが有利かは言を待ちません。
だから、デビエートなんて議論の手法が出て、それを日本人が真似してもゲーム感覚でこなすことが出来ないのでしょう。

こうした激しい波にもまれてきた素地の上に、このオーディション番組は成り立っているので、名前にある通り、タレントを発掘できるのかもしれません。そんなに中に、日本人の蛯名健一は身を投じて予選から勝ち上がっていく番組が7本もアップされています。

彼は所謂パフォーマーにくくられるのですが、その舞台は彼の最新のパフォーマンスをしっかりと観客に伝え続けるスリルに満ちた素晴らしいものです。敢えて、アドレスは載せません。この名前で検索して、1~7まですべての番組を見つけて再生してみましょう。
日本人て案外ヤルジャン!そう思える演技の連続に、一度見たら引きずり込まれること間違いなしです。

Let's enjoy Ebina's performannce

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント