一眼レフとフルサイズミラーレス

デジタルカメラの世界は、急速な発展期を今終えようとしています。
「そんなことないでしょう!毎年フラッグシップ機のスペックが、ガンガン上がっているじゃないですか。」
本当にそうでしょうか。

CMOSセンサーの集積度が上がって、フルサイズ機で80Mピクセルぐらいまでは当たり前に到達するでしょうが、今現実に発売されようとしている新型機のセカンドポジション、そうつまり最高級の機種には価格面で手が届かないけれど、その次のランクであれば、画素数は少なくなりますが、その他の機能は最高機種とほぼ同等で、場合によっては、一つか二つの機能は最高機種を上回るような設定でメーカーは売り出してきます。
このような機種は20~23Mぐらいですので、実売は多少こなれた価格となり、ハイアマチュアを唱えるのなら購入するでしょう。

実はフィルムカメラのフルサイズですと20Mのデータ量になるんだそうです。つまり、銀塩写真の最高グレードとデジタルの中級機となら、同等の画像を取り出せることになります。そこまでデジタルは発展してしまったのです。

ところで、いま巷の家電売り場で面積を取っている家電は、何といってもテレビです。4Kはすでに当たり前,8K対応も大型機から順次充実し始めています。ここで皆さんに質問です。8Kの画面の画素数は幾つでしょうか。

答は、約33Mです。今のデジタルカメラの最高機種は50Mですから、既に8Kの領域を楽々カバーしているのです。さすがにこの上の16Kとなると約132Mとなります。実に一億を突破するんですね。でも、既に中盤カメラで業界では、一億画素は高級機種の中心になりつつあります。
ただ、ここまで密度が上がると、人間の目ではどれだけ綺麗になったのか余り分からなくなるというのが本当のところです。

プロの目は一段格上の識別能力を持っていますが、一般人にはスぺックオーバーも良いところでしょう。つまり、人間の能力を凌駕する領域に入ってしまえば、それ以上のスペックアップはほぼ意味をなさなくなります。そういった画素数領域においては、発展期は終わりと言えるのです。
勿論、他の機能については、開発者の執念が詰まったものが、新機軸を打ち出しては来るでしょうが………。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント