ストリートピアノ

ストリートピアノのユーチューブ画像をたくさん見ていると或る傾向に気が付きます。撮りっ放しをただアップしているように見せかけて、実はしっかり良いテイクのものしか載せないというセミプロ的なこだわりを感じさせる人がいます。

その対極にいるのが、本当の撮りっ放しを何の吟味もしないで、ただアップしている人。
また、技術がさほどないのに、派手さだけを追い求めて、結局は破綻してしまう人。
指が転がりまくって、聞くに堪えない動画でも平気でアップする人は、これはもう何と評して良いのか。

ストリートピアニストの資質はいろいろあるでしょうが、まずは聞いている人を気持ちよくさせることが出来るかということに尽きます。
中には、平気で不協和音を出しまくるひとや、フェイクしているつもりで、実はただのリズム外し専門の人もいます。

そんな中にあって、正当的に弾くことが出来る上に、アレンジ自在、連弾自在、リクエスト自在の方が、ホンの数名いらっしゃいますね。
その方々は、やはり押しなべていかにアタック音が強くても聞いている人たちの気持ちを推し量って弾き方を変えているのではないかと思います。あくまで、筆者の思い込みかもしれませんが………。

もう一つ録音の質もユーチューブでは大事な要素です。特にピアノは低音が出る機種と高音が綺麗な機種とありますが、バランスが良い機種は音量もあるものが目に、いや耳に付きますね。

こういったピアノの特性までも理解して、心地よい音色を聞かせてくれるストリートミュージシャンは、いったい何人ぐらいいるのでしょうか。
また、アップライトピアノよりやはりグランドピアノの方が、余裕のある発音ですね。国産はどうだ外国産はどうだといろいろ好みは有るでしょうが、なんだかんだいってもやはりスタンウェイは良い音がしますね。

ベーゼンドルファーのストリートピアノってあるんでしょうか。今のところ、ヤマハのストリートピアノをネット上には数多く見かけますね。
はてさて、この文化?はどのくらいの広がりを見せていくのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント