?比例餃子と正比例チャーシュー

大変に「みみっちぃ」話です。
ラーメン屋に入った時のことです。一人がチャーシューメン1020円を注文しました。
もう一人が、普通のラーメン770円にチャーシュー2枚(1枚50円)をプラスしました。

この店の普通のラーメンは、チャーシューが3枚入っているので、追加の2枚で計5枚入っています。
かたや、チャーシューメンは8枚です。ここで簡単な計算をしましょう。チャーシューメンに入っているチャーシューのうち、ベース麺に入っている3枚を除くと、5枚が普通のラーメンより多い計算となります。

価格差を見てみると、250円ですから、追加分はぴったり1枚=50円となります。
つまり普通のラーメンにチャーシュー5枚を加えれば、770円プラス50円×5枚=1020円となりますね。
こんなにはっきり追加具材のお値段が比例しているのはとても珍しいことです。
普通は、商品独自の値付けで、具材との価格の関係は、あまり見ることが出来ません。

名前は伏せますが、某店のちゃんぽん餃子5個セットは690円、ちゃんぽん餃子3個セットは、650円。この場合差の分の餃子は1個20円に相当します。ところが同じ店の餃子ご飯セットのうち、餃子7個は370円、餃子10個は550円、餃子15個は590円です。7個から10個で、180円高くなっていますから、この餃子は1個60円の計算になります。ところが10個から15個で、40円しか価格が上がっていませんから、差分の餃子は1個当たり8円となります。

これは如何にも、アンバランスな感は否定できません。いったいどういう感覚で値決めをしたのでしょうね。
と、大変にみみっちぃ話でした。
でも、今度ラーメン屋に入ったら、メニューを一所懸命研究したりして………。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント