寝相は良い方ですか?

仰向けに寝て、仰向けで目覚める。記憶にある限り、小学校の高学年から以降は、毎朝、なんて自分は寝相が良いんだ取ろうと思いながら、毎日生活していました。社会人になって、時折寝相の話になった時などは、「仰向けでよく寝れるね。」なんて話も同僚から聞きました。実際のところ、うつ伏せや横寝というのは、自分の場合は寝にくくて、仰向けで寝るのが一番良いと思い込んでいました。

だから、人に話すときは、一晩中その姿を保ったままなんて平気で吹聴していましたが、あとになってみれば、これが何ともお粗末なもので、人間は就寝中も体を回転させて、体の一部がうっ血するのを防いでいると聞き、エッと思ったものでした。

それをはっきり認識したのは、結婚してからでした。
ある晩どうにも寝苦しいので目が覚めました。見たら、体が45度ほど回転しており、妻の太ももに体がぶつかって、それで目が覚めたのでした。朝になってそのことを話すと、「あら、やっと気づいた?」

結婚前の話とは全く違って、じつは本人に記憶が無いだけで、体がぐるっと半回転してしばらくしてまた半回転して、結果、元に戻っているなんてことはざらに起きているのだそう。半回転と言っても、頭が足の位置にある半回転です。

更に妻曰く、「もっと凄いのが、冬の朝。火照った体を冷ますのか、布団を全部はいでおり、トイレから帰ってきたら布団をかけてあげようと思って、戻ってくると、その時いきなり布団のヘリを掴んで、グイっと引っ張ると、見事に布団は綺麗に体を覆って、しかもどんな動きをしているのか分からないけれど、もぞもぞと動いたなと思ったら、ミノムシ状態にくるまっているので、あきれた。」のだそうです。

よもやそんな動き、そう、寝相が悪いことなんてこれっぽっちも思っていなかったものですから、正にビックリ!状態でした。
そして、そんな話を聞いて思い出しました。高校生の時、部活で疲れ、余りに眠くて布団を敷いて即潜り込んだのは良いのですが、何やら寝にくくて夜中に目を覚ましてビックリ。なんと敷布団の下に体を潜り込ませていたんです。更にさらに、………いややめておきましょう。もっと凄い寝方をしていたんですが、それはちょっと…………………。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント