「………ところ………」って?

最近の新型コロナウィルス関連の国からの通達にやたら出てくる言葉「ところ」って何なんでしょう。
【社会福祉施設等における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止については、 「社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について」(令和2年3月6 日厚生労働省健康局健康局結核感染症課ほか連名事務連絡)等においてお示ししてき たところですが、福祉施設を………】

【・ 職員の確保が困難な場合における対応 2
・ 介護サービス事業所等の人員、施設・設備及び運営基準等の臨時的な取 扱い 等をお示ししてきたところである
今般、「社会福祉施設等(入所施設・居住系サービスに限る。)における感 ………】

これは、2件とも厚生労働省の省令の一部を引用したものですが、色を付けた部分を見ていただければわかるように、 お示し と ところ を使っています。

この種の公的文書は、非常に分かりづらいもので、ここで取り上げた良く分からない部分は、…ところ… です。しかも、「お示し」とやたら丁寧な表現のすぐ後ろに、かたや「ところですが」かたや「ところである」と言い切っています。こんなアンバランスな表現てあるものでしょうか。

少なくとも国の最高機関に近い部署から発信されている文書の表現に、こんな無駄(不要)な表現を使うこと自体おかしいのです。
この部分は、「掲出してあります」くらいの表現が妥当ではないかと思います。この種の言葉は、業界用語と似ている部分が有り、福祉関連の会議に出席してみればお分かりになると思いますが、「……ところ……」のオンパレードです。

国からの要請で「有識者会議」なるものが招集されますが、有識者の皆さんにお願いします。この「……ところ……」の表現を無くすように提言して欲しいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント