株式市場って何だろう-押し目買い

「押し目買い」は、株の売買をする人たちの口からは頻繁に放たれる言葉です。上げ下げを繰り返しながら、順調に少しずつ高値に向かっていた株価が、一時的に下がる時が有ります。これを押し目と言います。この時に下がっていてもこれからは上がるとにらんで買うのが「押し目買い」です。

何らかの小さな不安材料の時に、この現象が現れます。新型コロナウィルスに関連して世界不況の予測があちらこちらで立ち始めると、それが不安材料となって株価が下がります。こうなると、もはや押し目ではなく、全面安という表現に変わります。

逆に、どの株も一斉に上がっている状況が、「全面高」です。株式市場は一般に、景気の先食いと言って、実際の景気の動きに先んじて、上がったり下がったりをする特性が有り、この動きを参考に「あぁ、これから景気は上向きになるのかな」などと判断します。

市場そのものは結構敏感に反応しますので、毎日毎日の上がり下がりを追っかけていると、それだけではよい株の投資家にはなれません。敏感に動くことを少し離れてみていれば、次にどんな動きが来るか予想できるようになります。そうすれば、株で損をすることが少なくなります。

株は、全面高のように、一斉に市場全体が値上がりする時もありますが、だいたいは銘柄ごとに上がる傾向を示すか下がる傾向を示すかバラバラです。その中でぐっとにらんでこれッと売買することが出来れば苦労はないのですが、だいたいの人は素人判断で独自の「カン」とか言って売買する結果、結構損をしている人がいるわけですが、市場動向を掴むことが出来るようになれば。小さな利益を稼ぎつつチャンスが来れば大博打を仕掛けてそれに勝つ事が出来るようになるものです。 

株の売買は、それこそやってなんぼの世界ですので、実際にお金を動かして肌身で市場を感じ取る体験をすることが、株に通暁する極意と言えます。だからこそ、最初は無くなっても影響のないお金で運用してください。最初から儲かることを想定して、結局首が回らなくなってしまっては、人生の敗残者になりかねませんからね。

買うポイントである「押し目買い」は、その第一歩です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント