鉄道ニュース満載日

3月14日は、「高輪ゲートウェイ」駅開業関連の話題で持ちきりでしたが、それ以外にも鉄道関連のニュースが、これほど沢山ある日は珍しいですね。まず、ダイヤ改正。鉄道各社はほぼ横並びで、この日に毎年、ダイヤ改正を行いましたね。それぞれの詳しい内容は、別記事に譲りましょう。

何といってもダントツのネタは、49年ぶりに山手線の新駅と、前評判からして高かった高輪ゲートウェイ駅。開業日の切符を手に入れようと、3時間半待ちの長い列ができ、開業日一番乗りの人は、昨日13日の朝4時半から並んでいたそう。しかも、一番列車が到着したホームには、まさに鈴なりの鉄ちゃんばかリがカメラをもってひしめき合う姿がテレビ画面に映し出されていましたね。

そして、新型車両の投入です。小田急は、前頭形状がかなり魅せる広幅車体を取り入れた新5000形、近鉄は名阪特急17年ぶりの新型真っ赤な車体が印象的な「8000系ひのとり」、JR東日本は、編成全部がプレミアムと豪語する新型伊豆特急「E261系サフィール踊り子」をデビューさせました。これと同時に、30年間走り続けてきたSVOことスーパービュー踊り子がラストランを行いました。(13日)

東日本大震災で福島原発の放射能汚染によって危険困難区域とされて、長らく一部不通になっていた富岡駅から浪江駅までのJR常磐線が、危険困難区域の指定から外れ、ようやく全線を9年ぶりに開通させました。また、車両基地の冠水によって、全車両の3分の一を失い減便を余儀なくされていた上越新幹線は、今日付けで以前の本数に復帰しました。

JR九州では、ディーゼルで発電して蓄電した電力で走行するYC1系を、長崎本線(市布,長与経由),大村線,佐世保線(佐世保—早岐間)の各路線に投入しました。この車両は、排出ガスが従来のディーゼル車両と比べて約2割削減しているということです。

と、まさに百花繚乱のごと、華やかな話題は、心をウキウキさせてくれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント