ネーミングのお手本

ネーミングにはいくつかの手法が有りますが、その中でも素人が知らずに実践している手法として有名なのが、頭文字造語法(アクロニム造語)です。簡単に言えば、意味のある文章の頭文字をつまみ食いしてつなぎ合わせるという、簡単な方法ですが、そこにはある種のセンスがものを言います。

様々な本に掲載されているいろいろな名称の名から、秀逸と感じているネーミングで、私の中でのベストスリーを発表しますね。
LASER  …………… あの光の「レーザー」です。
BASIC  …………… あまりにも有名な初期のパソコン用のプログラムの名称です。
AMRAAM …………… ちょっと危険な兵器の総称です。

では一つ一つ詳しく。
ight mplification by timulated mission of adiation 誘導放出によって光を増幅・発振する装置

eginner’s ll-purpose ymbolic nstruction ode初心者向け汎用記号命令コード

dvanced edium-ange ir-to-ir issile アメリカ合衆国開発 中距離空対空ミサイル

いかがですか。こんなにぴったりと意味を合わせて新規の名称に映えるセンスって、素晴らしいことだとは思いませんか。
で、最近のヒットは、NASAのいくつかある計画の内の「新ディスカバリー計画」の中に見つけました。

「DAVINCI+」のパラシュート下降による金星探査
正式名称を「eep tmosphere enus nvestigation of oble gases, hemistry, and maging Plus」NASA ゴダード・スペース・フライト・センター主管。金星の大気の分析が目的。

これであの高名なダ・ビンチをイメージさせるアクロニム造語です。アメリカ人のこの手法に関する見事さは、敬服に値します。(ちょっとほめ過ぎ?)
では、次の文字列を縮めて、造語をお願いしますと言われたら、どんな文字が思いつくでしょうか。
Japan aerospace exploration agency  ちょっと考える必要がある部分が、曲者ですよ。ヒント:宇宙航空研究開発機構
もうお分かりですね。Japan Aerospace eXploration Agency
→ JAXA が正解です。 やっぱりすんなりと頭文字だけで構成できないところが、イマイチですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント