私の中で蘇った作家 今野敏

今野敏と言ったら、何といってもデビュー作の「超能力セッション走る ハイパー・サイキック・カルテット1~4」は、初期の代表作で、誠に見事な構成であり、様々な知識が詰め込まれた逸品でした。ジャズと拳法とお茶の要素を練りこんだ小説群が、初期の今野敏の作品の特徴でした。この頃は、「おぉ~、なかなか!」と唸らせる作家が現れたものだと次作を待ちきれ…
コメント:0

続きを読むread more