小田急5000形

小田急の新通勤型車両5000形を見ました。3000形は前面をスパッと切り捨てた形で、いかにも空気抵抗がありそうでした。事実、3000形がホームを通過する時は、かなりの風圧を感じました。次に登場した4000形は、多少前面がスラントしていましたが、まだ潔さが感じられないデザインで、新型車であることは分かっても、斬新な感じは受けませんでした。…
コメント:0

続きを読むread more