インテリ端末とダム端末

オフィスコンピューターとして、IBMシステム34・36・38が市場のシェアを取っていた時代の話をしましょう。当時は、メインとなるシステムに、入出力装置としてのディスプレイとキーボードを備えたいわゆる「端末」が、必要部署に配置されていました。あの黒の画面に緑の文字というタイプです。 時代が下ると、パソコンの勢力が幅を利かせるようにな…
コメント:0

続きを読むread more

名阪特急ひのとりデビュー間近

近鉄のドル箱路線である名阪特急(名古屋-大阪)に、新型の列車が投入されることになりました。80000系「ひのとり」です。ここには、デビュー当時その先鋭的デザインで話題になったアーバンライナー系が活躍していますが、今回の80000系はもう少しアッパーなクラスを狙って開発されました。 近鉄の意欲のほどは、ホームページによく表れています…
コメント:0

続きを読むread more

スマホが!充電できない。

12月28日は、いつもなら充電しておいたはずのスマホを、うっかり残量43%のままで外出してしまいました。私のスマホは、電波強度が強ければ、さほど使用しないことも有って、約4日は充電しなくて良いのですが、28日の仕事先は、電波強度がやや弱く充電池の消耗が激しいのです。だいたい一日で、約25~28%ぐらい減ってしまいます。 43%-2…
コメント:0

続きを読むread more

シャカシャカ音の交代-2

前日の記事「シャカシャカ音の交代-1」では、まだポータブルオーディオン黎明期の話でした。しかし、今はその当時と比べると、かなり様相が変わってきました。なぜ、シャカシャカ音が発生するかといえば、暗騒音レベルの高い場所で、音楽をしっかりと聴きたくて、音量を上げるから、ヘッドホンやイヤホンから音が漏れるのです。暗騒音とは、言葉を変えれば環境音…
コメント:0

続きを読むread more

シャカシャカ音の交代-1

ポータブルオーディオの出初めからしばらくは、インナータイプのヘッドホンからの音漏れが結構気になりました。ずっと以前の記事ですが、「爆音ヘッドホン」と題して書いたことが有ります。以下がその記事です。(このブログではなく、昔作っていたホームページに掲載したものです。) 爆音ヘッドホン  電車やバスの車内で、ヘッドホンから漏れてくるシ…
コメント:0

続きを読むread more

機械は人を見る?

永年パソコンのインストラクターをやってきて、こればかりはどうしても分からないということが有ります。それは、パソコンの故障です。そんなに縁の深くない人から、結構深い仲になった人まで、パソコンの生徒になった方は実に千差万別です。その中で、パソコンの不調を訴える人というのは、いつも決まっています。そして、「すぐに診に行きます。」と言って駆けつ…
コメント:0

続きを読むread more

かんたん年賀状

「かんたん年賀状」 こんなタイトルの本を、毎年10月後半から12月初旬くらいまで、本屋の店頭でよく見かけますね。でも、申し訳ないけれでも、こんな本に頼ることなく、ワードとエクセルさえあれば、年賀状なんてできてしまうんです。 手順としては、まずエクセルで住所録を作ります。項目としては、極めて一般的なフォーマットで構いません。郵便番号…
コメント:0

続きを読むread more

ボーイング737MAX

MAXを冠した機体は、今後空を飛ぶことが出来るのでしょうか。-100から-900までの各シリーズとは一線を画す機体として、ボーイングの野望は果てしなく、事実、総受注数は4500機に迫ろうとしていた矢先の2件の連続墜落事故。事故原因はこのブログでも書いたとおり、新型エンジンとの兼ね合いで装備された迎え角抑制装置の不具合であったことが、明ら…
コメント:0

続きを読むread more

太っ腹なトヨタ

自動車業界の競争の熾烈さは、言わずもがなではありますが、ことネットに関しては、トヨタ系の情報サイトであるGAZOO.comの太っ腹な記事が目を引きます。「よくわかる自動車歴史館」という120話以上もある記事群は、読み応えが有ります。日本の自動車のエポックメイキングな話題を拾い集めて書かれた記事ばかりであり、トヨタ以外のメーカーや車両も記…
コメント:0

続きを読むread more

パソコン音源は………

ブルーツース搭載のパソコンが当たり前になり、ブルーツース搭載のヘッドホンとペアリングすれば、かなり広い範囲でワイヤレスでパソコンの音声を聞くことが出来るようにはなりました。これは、誠に便利な機能ではあります。でも、肝心のパソコンの音源がチープではどうにもなりません。音楽に必要な音質をカバーするというのは、実はかなりハードルが高いのです。…
コメント:0

続きを読むread more

全日空 246便

20日朝のテレビニュースで、全日空の博多発東京行き246便の離陸直後の右エンジンから火を噴いている映像が、何度も流されました。おそらくはエンジンの不調だと考えられますが、バードストライクの可能性も少しあります。ただ、今のジェットエンジンはかなり強烈なバードストライクの耐性試験をパスしていますので、そうそう簡単には故障しないようにはできて…
コメント:0

続きを読むread more

紳士服の仕立て屋さん

最近の背広は安くなりましたよね。私が就職が決まったら、遠い親戚から良い背広を作る職人がいるので、紹介させてよ、と言ってきたことが有ります。親戚なので無碍(むげ)に断ることはできず、フルオーダーメードで注文することになりました。いまではではとても考えられないほど手間暇をかけて採寸し、これまた細かい背中の切れ目やズボンの折り返しなどの細かい…
コメント:0

続きを読むread more

「ありがとう」の「すいません」??

活気のある飲食店でよく聞く言葉が有ります。お店を出るときのあの言葉です。「ありがとうございました。」これがオーソドックスな奴ですね。「ありがとうございました。またのご来店をお待ちしています。」「ありがとうございました。また、よろしくネ。」もう少し砕けてくると、「ありあとやしたぁ。」「どうも、どうも」 そして、どうしてそうなってしま…
コメント:0

続きを読むread more

Canon Rock & Truth

Canon Rock これまで何回かブログで取り上げてきましたが、昨日集中してエレクトーンの演奏を聞きまくりました。ついでに、これもまた超有名な曲であるあのF-1のテーマ曲 Truth も集中して聞いてみました。演奏者が変われば、どんな演奏に化けるのかを期待してのことです。 結果は、見事に私の期待を裏切ってくれました。それは、公開…
コメント:0

続きを読むread more

ポイント還元の嵐

消費税アップに端を発したポイント還元の波は、私の住む町では思わぬ形で「恩恵」の形で打ち寄せてきました。それは、地元の食品スーパーの打った販売推進策のことなんです。今はいろいろなポイントは、ほぼ横並びで、だいたいが200円につき1ポイント付与の形で、何ポイントたまったらという特典が有るタイプがほとんどです。 昔からあるブルーチップス…
コメント:0

続きを読むread more

小田急5000形

小田急の新通勤型車両5000形を見ました。3000形は前面をスパッと切り捨てた形で、いかにも空気抵抗がありそうでした。事実、3000形がホームを通過する時は、かなりの風圧を感じました。次に登場した4000形は、多少前面がスラントしていましたが、まだ潔さが感じられないデザインで、新型車であることは分かっても、斬新な感じは受けませんでした。…
コメント:0

続きを読むread more

国産ジェットエンジンIHI XF9-1

国産の飛行機を作るうえで何が一番キーになるかといえば、それは間違いなくエンジンです。飛行機のキーパーツといえば、翼・胴体・降着装置・エンジンです。翼に関して言えば、主翼・水平尾翼・垂直尾翼の三つに分かれます。戦闘機の場合、主翼より前に前翼を付加す場合もあります。変わりだねでは、全翼機が有ります。最近では、主翼端に抵抗減少用のウイングレッ…
コメント:0

続きを読むread more

エアバス vs ボーイング

航空業界の巨人機路線は影を潜め、今や双発の遠距離の二大旅客機、エアバスA350-900,-1000とB787-9,787-10の一騎打ちの様相を強めてきました。提供される座席数は、航空会社によって異なります。キャセイパシフィック航空の場合は、以下のようになっています。 A350-900:ビジネス:38 (フラットベッド)、プレミアム・…
コメント:0

続きを読むread more

入浴剤はかくあるべし

この十数年間、入浴剤をある水を大事にする会社の製品のみ使い続けています。(と言っても、あの超大手の会社ではありません)。理由は簡単、人工香料を使用していないのと、風呂釜を汚さないこと、無香料であること、そして何より肌の潤いをキープする力に優れているからです。潤いキープについては、様々なジャンルの会社から、其れこそ星の数ほど商品が出されて…
コメント:0

続きを読むread more

冬と歯笛

冬は口笛にしても歯笛にしても、悪条件が揃っています。気温が低いことが一つ、そしてなんといっても湿度の低さ。唇が渇いてしまっていますから、いつもより音が出にくいのです。夜道にそっと音を出してみると、あまりに音が出ないのにオヤオヤと思うこともしばしば。そんな時、風呂桶に使ってゆったりしていると、自然に歯笛を吹いている自分がいます。 歯…
コメント:0

続きを読むread more

クラウドデータサーバー

世の中便利便利とばかりに、自社のデータサーバーを廃止してクラウドサーバーに全面的に移行してしまう会社が有るのには驚かされます。そんなにクラウドを信用しても良いものなのでしょうか。どんなにメーカー主導のきっちりをしたセキュリティシステムの下稼働しているからと言って、完璧に安全なクラウドなんて存在するのでしょうか。 しかも、実際にはバ…
コメント:0

続きを読むread more

火山観光 爆発

ニュージーランド、北島ホワイト島で活火山の爆発が起きました。日本でも数年前に、信州・御嶽山が噴火しましたね。箱根山でも噴火のために温泉源が一時的に断たれて、旅館組合が悲鳴を上げていました。火山は観光の重要な資源であるとともに、いざ、暴れ始めれば、とんでもない災厄をもたらす元凶にもなります。 ハワイのキラウエア火山だとか、アイスラン…
コメント:0

続きを読むread more

ファーストクラス

ギョッとするほどの差なんて、そうそう見つかるものではありません。と思っていましたが、ありました。なんだと思います、桁違いの金持ちでしか利用できないものです。そう、飛行機のファーストクラス利用で、ロンドンに行くとしましょう。旅行の日程にもよりますが、純然たる運賃は、驚きの250万円クラスプラスアルファです。これは、もう「とんでもない」世界…
コメント:0

続きを読むread more

人身事故からの復旧

鉄道がオープンな場所を走る限り、必ず人身事故は起きます。また自ら命を絶つ手段として、鉄道に飛び込むケースもかなりな頻度で起きています。この事故の要因はともかく、実際に起きてしまった後のリカバリーを見ていきましょう。サイトの記事を検索までもなく、私自身の体験では、おおむね一時間ほどで、運行再開になるのが最近の傾向です。 ところが、今…
コメント:0

続きを読むread more

RCS

第五世代のリッチコミュケーションの話ではありません。軍用機のレーダー反射面積を指す言葉です。少し、戦闘機に詳しい人ならば、スティルス能力の事だと分かると思います。軍用機は、敵に捕捉されることなく、なるべく敵地の奥深く侵攻する能力が求められています。そのための方法が、超低空を地面の高度の変化を追随しながら飛ぶか、超高空を高速で移動するかの…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄・JR直通スタート

新しい路線の開設は、いつでも心沸き立つものが有ります。特に小田急の海老名の前後数駅の人には、新宿に行けるサブルートが常設されたのですから、この影響は大きいですね。サブルートと言ったのは、小田急が事故か何かで止まってしまった場合、新宿にはかなり大回りな方法でしかたどり着けませんでしたが、今度はこの新線を経由すれば、ほとんどロスなく行けるこ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年 国民の祝日

国民の祝日は、固定しない日が多くなって、ホント分かりにくくなってしまいましたね。なぜ、その日に制定されたのかが意味をなさなくなった最たるものが、体育の日です。東京オリンピックを記念して制定され、10月10日となったはずでしたが、なぜか最近は都合の良いように移動されてしまっていますね。ちなみに、最新の国民の祝日は、以下のように国が発表して…
コメント:0

続きを読むread more

海抜4m地帯

海抜 って言葉は、割と耳にしますが、いったいどんな意味って聞かれると、意外やあやふやになってしまうのがこの言葉。また、標高という言葉もありますね。これの取り決め方は意外にも、元が同じだったりして?で、「富士山は標高3776m」なのか、「海抜3776m」なのかという表現の違いに、気づいてしまったので調べました。 東京湾の海面の平均的…
コメント:0

続きを読むread more

相鉄線 12000系にささった遮断桿

11月29日、相鉄線がJRに直通を開始する前日に起きた踏切事故は、これからの自動車運転の在り方を考えさせるものになりました。選りによって、最新の12000系に踏切の遮断桿が突き刺さるという珍しい事故でした。原因が、踏切で待っていたはずの女性が運転する乗用車が、電車が通過するまでの時間、ずるずると前進していって、踏切内に侵入していったため…
コメント:0

続きを読むread more

百里基地航空祭余聞

初めてのバスツアーによる航空祭行でしたが、思わぬハプニングが起きました。行きは順調だったのですが、帰りにバスの待つ場所へ30分近く歩いてたどり着いたとき、われわれの乗ってきたバスの運転手が、フロントの下回りに潜り込んで点検していたのです。何の説明の無いまま、戻ってきた乗客はとりあえず自分たちの席に付きました。しかし、バスの運転手は一向に…
コメント:0

続きを読むread more

F-4ファントム フィナーレ

今日は百里基地の航空祭。ここはアクセスが悪いので有名ですが、近年は自衛隊基地の航空祭に限っては、バスツアーが数多く企画されることが多くなり、それではというので利用してみました。今年限りで百里基地のF-4ファントムは運用から外れることが決まっているので、昨年は5万人程度の観客しか見込めなかったのに、このF-4ファントム引退→見納めというこ…
コメント:0

続きを読むread more