ナンバーズ・ロト

宝くじの種類も今やロッタリー形式だけでも6種類、これ以外にスクラッチや通常の宝くじと、毎日何かしらのくじを買うことが出来ます。しかも、昔ながらの宝くじボックスだけでなく、銀行併設の売り場やATMでの購入など、街中ならどこでも購入ができるようになっています。では、いったいどのくらいのお金が動いているのでしょうか。

といつものように、野次馬根性を発揮してみました。今回調べる対象は、ナンバーズ3・ナンバーズ4・BINGO5・ミニロト・ロト6・ロト7の6種類です。何を調べたかといえば、皆さんが購入するこの6種類の宝くじの総額です。最新回を含む一週間分を集計してみました。
その結果、購入金額の総額は、何と100億円(ざっくり)になりました。

一年は52週ですから、大まかに考えても、一年にこの6種類の宝くじだけでも、5000億円以上の売り上げを上げていることになります。今まで、私の目の前で多くの宝くじを買っていった金額のランキングは、最高でロト7・5口書いた申し込みカードを数枚出して、「これを10回通して!」と言った人でしょう。ロト7は一口300円、一枚の申し込みカードには5口記入できますから、一枚で1500円ですね。それを10回買うのですから、15000円になります。

しかし、この人は、5枚の申し込みカードを渡していましたので、75000円になります。個人的にはとてもいっぺんに買えない金額ですね。で、宝くじ売り場のおばさんに聞いてみました。「凄い買い方するんですね。」「あら、こんなの序の口よ!200000円買った人もいるわよ。」まさに、爆買いですね。

もっとも、ジャンボ系特に年末ジャンボの発売日、あの西銀座チャンスセンターでの取材映像を見ると、宝くじを束にして持っている人がインタビューされています。「何枚買いましたか?」「1000枚、連番とバラ半々。」と、ここでも300000円。皆さん、もうギャンブルですよね。そんなに多額の投資をして、最悪、30000円しか当たらないんですよ。

こう考えてくると、もはやゲーム的感覚で宝くじを買っている人がかなりいるようです。さて、私はチョビチョビと、ロト6を2口買いますかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント