小田啓義のオルガンサウンド

懐かしのグループサウンズの中でも、圧倒的な人気を誇ったブルー・コメッツの全盛期の映像を見ていて気が付きました。
https://www.youtube.com/watch?v=LiCSCTxCvCw
この映像で以前には気にしていなかったことが有りました。それは,、キーボードいえ電子オルガンの存在です。

ブルー・コメッツは5人組です。ドラムスのジャッキー吉川、メインボーカルとフルートかサキソフォンの井上忠夫、リードギターとサイドボーカルの三原綱紀(のちに、スマイリー小原の後を継いで、スカイライナーズのバンドマスター)、ベースギターとサイドボーカルの高橋健二 そして オルガン(キーボード)とボーカルの小田啓義。

グループサウンズと一口に言っても、バンド色の濃いもの・ロック色の強い物・コーラス重視のグループなど、結構個性的ではありましたが、ブームが過熱してくると、技術的に未熟でもデビューさせてしまえとプロダクションの強引な戦略に載せられてしまったグループが数多く出てきました。グループサウンズブームは、あっという間に火がついてものすごい勢いで広がり、凋落していったという歴史が有ります。

その中にあって、唯一まともなグループとして生き残ったのがジャッキー吉川とブルーコメッツでした。彼らにしたところで、急激に高まる人気に引っ張られ、ボーカルに関してはしっかりと勉強してきたわけではなかったので、マヒナスターズにコーラスのテクニックを教わったというエピソードが残っています。

そんなブルーコメッツのサウンドをまとめ上げているのが、実は電子オルガンの小田啓義だったのです。冒頭に掲げたページを開いて、ユーチューブを聞いてもらえば納得すると思いますが、すべての曲のバッキングに徹していながら、時折主張するスタッカート奏法で盛り上げ、サビの部分ではかなり大きめなボリュームで参加して、メリハリをつける活躍を、しっかりと担っています。

当初は、単音しか出せなかったキーボードから、復音が出せるようになった電子オルガンを、彼は弾き継いできており、盛り上げ方を知っているプレイヤーです。その証拠に、懐かしのメロディーに出演するようになってからも、他のメンバーが新しさを出そうとしてスベっていても、彼だけはしっかりとした芯のある演奏を心がけているように見えます。勿論、技術的には……な面が無いとは言い切れませんが、雰囲気を纏めるというミュージシャンに必要な才能を持っているのが、小田啓義だと感じてもらえると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント