腕利き職人の見事すぎる技

皆さんは靴の修理をするのに、どこのお店を使っていますか。専門店で購入したバカ高い靴なら、購入した専門店の修理対応が有るので、それを利用する人が多いことでしょう。しかし、大多数の人はそんなに高価な靴を購入できません。そしてその靴を修理するとなれば、あの修理チェーンに持って行ってはいませんか。

そう、合鍵の複製や時計修理なども手掛ける靴の修理チェーン、ミスターミニットです。カタカナで書くより、英語表記のMISTER MINITの方が、ピンとくるでしょう。ベルギーのブリュッセルで創業したこの会社は、やがてヨーロッパ中に広く展開するようになり、1972年に日本に上陸しました。

その後、幾多の変遷を経験したのち、現在は青山商事の傘下に入っています。「えっ、青山商事ってもしかしてあの紳士服の青山?」その通りです。2015年に傘下に入りました。ただ、お店自体はフランチャイズ形式ですから、どこの資本系列なのかは、一般人には分かりません。で、いつも思うんですが、あのこじんまりとした見本市のブースのような店内ではありますが、よ~く観察すると、実に様々な工具類や部品が用意されていることに気付くでしょう。中央にでんと置かれた、重量感のあるマシンは中でもひときわ存在感が有りますね。

ま、そんなことは前知識として、実際の修理の手際はどんなものなのでしょうか。すでに何軒か、あちらこちらのミスターミニットを利用してきていますが、今日ふらっと入ってみたショップには驚かされました。場所は、東急田園都市線の始発駅である中央林間の改札を出てすぐ左にある「エトモ中央林間店」です。

すでに何度か別のお店で靴の修理をお願いしていますので、手順は分かっています。でも、その手際の良さに驚きました。時間にすればどのくらいの差が付くのかは分かりませんが、その無駄のない素早い動きが見事です。何より、作業をしているときの手捌きに洗練された職人の味が出ています。しかし、年齢的には、まだまだ若さが溢れているころなのでしょう。顔立ちはすっとしていて、にこやかさは天性のもので、決して作り笑いではなく、ごく自然に笑顔が零れ落ちる感じで、無理のない接客にも満点をつけたいところです。(はなまるという声も…)

技術は訓練で身に付くでしょうが、接客、特に話法と笑顔は、なかなか自然には得られないものです。こういったお店は、必ずや繁盛するでしょうね。今日は、気持ちの良い時間が過ごせた一日となりました。勿論、修理品質の見事さは言うまでもありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント