チキン南蛮とタルタルソース

チキン南蛮にタルタルソースが添えられるようになったのは何時からなんでしょう。タルタルソースは、カキフライにはとてもよく合いますが、最近はなんにでも添えられてくるように変わりつつあります。中には、他の店が掛けているからウチも…的な何の考えもなく添えられているソースもあります。

しかし、もっと驚いたことに、某定食チェーンでこの「チキン南蛮定食」を頼んだら、鳥がフライになっていたのです。「え~~っ、うそでしょう?」と口に入れたら、アラ何この柔らかい食感、鳥らしさを微塵も感じさせない芯の無い柔らかさでした。フライの断面を見ても、とてもチキンが使われているとは思われません。

間違いなく人造肉でしょう、この腰の無い柔らかさは………!鶏といえばその皮のパリッとした食感が売りです。それが無いチキン南蛮なんて名前を名乗ってはいけません。だいたいなんでチキン南蛮でフライなんでしょう。チキン南蛮は多めの油でカリっと香ばしく揚げて、ざくざくと切った上に多少とろみを効かせたタレをかけて、その上に小口切りの万能ねぎをざっと乗せたものが定番です。

それをわざわざ創作を意識したアレンジを施したところで、何の魅力感じさせることはできません。創作が出来るということは、料理の仕上がりのイメージがきっちりとできる人にだけ許された能力だと思います。この例に挙げたチキン南蛮定食は、とても工夫されているとはいえず、ただ単にコストを削りましたと主張しているようにしか思えません。

女子のサッカーチームをサポートしているこの企業ではありますが、稼ぎの源泉はやはり基本に忠実かという点が問われるのです。伝統のレシピをしっかりと忠実に守った上でのアレンジなら大いに歓迎ですが、基礎が出来ていないアレンジは、ただの食品の無駄遣いにすぎませんね。まずはどんな定食屋でもそうですが、食べて楽しいものを提供してください。セントラルキッチンで提供される食材だって、調理方法一つでこんなに美味しく!なれることが出来るはずです。

料理は、ことに定食は、奇を衒ってはいけませんよ。定番こそ命だとしっかり頭に叩き込んで、料理を提供してくださいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント