New HONDA Fit

あなたが、今、開催中のモーターショーで、ひときわ気になっている車は何ですか、と聞かれたら、迷わずホンダのニューFitと答えます。近年は自動車の技術は飛躍的に向上し、その結果、様々なハード面での競合は激しさを増しているわけですが、性能差は高いレベルで拮抗していますので、一般的な大衆車レベルでは、逆に差がつけにくくなってしまいました。

そこで、どこで差がつくかといえば、一にデザイン、二にパッケージングとなってきます。そのパッケージングにおいて初代から抜群の内容を誇ってきたのが、ホンダのFitです。デザインも代を重ねるたびに、だんだんと先鋭的になって、いわゆる新しい売れ線を提案してきていましたが、現行型はともすればかなりキワドイ「カタチ」になっていました。

この方向性で、新型になったらちょっと難しい選択を迫られるデザインになる可能性がありました。しかし、それは杞憂に終わりました。新型Fitは、全くそんな心配を感じさせない独特のフォルムを提案してきました。久しぶりに見る快作と言える秀逸なデザインではありませんか!結局大多数の庶民は、燃費とかダッシュ力とか居住性とかいろいろと言いますが、何といっても目を引く美しいデザインが選択の最大の要因であることは間違いありません。

日本車は、フロントが良ければリヤがイマイチ、バックシャンなんだけどフロントはねぇという車が多かったのですが、今度のFitに関しては前後とも同じテイストを持ち、フロントのライト回り、特に、コーナリングランプの形状が新しさを強調しています。しかも、従来のホンダ車によく見られた「やり過ぎ」のデザインでないところが、息の長いヒット車になる可能性を秘めているように思えます。

サメをイメージさせるフロントではありますが、よりマイルドに仕上げてあるところが、デザイン的に成功して要因でしょう。大きさの緒元などまだ不明の部分は多いのですが、そんなことが気にならないほどのまとまり感の強いニューFit、発売が待たれます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント