ストリートピアノ

街角においてあるピアノを、通りかかった人が自由に弾いてよいストリートピアノ。と言っても、一般人はおいそれとは弾けません。たとえ、かなり上手だからと言って、いきなり大衆の面前でピアノを……。そんな心臓持ってないよと言われそうです。
でも、ユーチューブにはたくさん映像が公開されています。中には、あちこちに出没して、少し有名になりかかっている人もいるようです。

私もこのストリートピアノを、へぇ~~~~という感じで、見まくっていた時期が有りました。でも、人間の耳というものは、意外に高性能なんですね。聞きまくっているうちに、上手下手は勿論のこと、たとえ上手であっても何故ストリートピアノレベル止まりなのかが分かってきてしまいました。それは、テクニックもあるでしょうし、表現力もかかわってくるでしょう。

でも、一番の違いは、弾き飛ばしているんです。弾き飛ばすとは何でしょう、それは、音符を大事にしていないことです。かなり、多くの映像がアップされている東京都庁のピアノでしばしば出てくる男性は、確かに上手ではあります。しかし、残念なこと自分の雰囲気でフェイクするときの稚拙さがもろに表に出てしまうことです。

これは、少し聞き込んでいる人にとっては、致命的な狂いと感じさせてしまう部分です。その瞬間、やはり素人の限界が見えてしまいます。
「私はまったく弾けませんので、言えた義理ではありませんが……」という方がいますが、聞き手が有っての演奏ですから、別に弾けないからと言って意見を控える必要はないのです。むしろ、しっかりとした評価を伝えてあげることが、ストリートミュージシャンにとっては有意義なことだと思います。

即興でアレンジして弾いたときに、一音間違えて弾いてしまう場面によく遭遇します。しかし、曲想が破られるほどでないにしても、即興で間違ったことはもう厳然として残ります。でも、ここできっちりとしたいならば、この間違いが入った映像はユーチューブにアップしなければ良いのですが、そこまで抑制が効いていないところに、アマチュアならではの甘さを感じてしまいます。

もう一度言いますが、一音を蔑ろにする(=弾き飛ばす人)は、そこが己の限界であると世間に公表しているようなものなのです。
美しいメロディー・ダイナミックなアタック・奇を衒ったアレンジ。技術的にはかなりなレベルのアマチュアなのですから、素晴らしいプレイだけをアップしてください。視聴者からの切なる願いですなのですよ。ホント。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント