離岸流とは?

ここ数年夏になると水の事故のニュースに頻繁に登場してくる単語があります。「離岸流」です。
やや、荒れ気味の海辺で発生するこの流れは、文字通り、海岸から沖に向かっていく強い流れで、かなり泳ぎの達者な方でも対応出来ないほどの速さで沖にもっていかれるそうです。一般の人にはまだなじみが無くて、パッと見にはその発生場所が分かりません。

実際に離岸流が発生している場所に着色料を流す実験をニュースで紹介していましたが、ほんの数秒で沖合いに流れが到達してしまうほどその速度は速いものでした。では、簡単に見分ける方法はあるのでしょうか。
専門家の話によれば、打ち寄せる波に注目すれば良いとのこと。通常、波は、浜辺に近づくと白波を立てて迫ってきます。
ここがポイントです。

離岸流が発生している場所は、その白波が立っていないのです。浜辺に打ち付ける波を広い範囲にわたって見つめてみてください。
白波が立っていない場所は、一か所だけとは限りません。打ち寄せる波は海底の地形の影響で、ある特定の場所に集まる形で流れ込んできますが、一か所に集まるということはそれらがぶつかって流れる場所を求めて沖に流れ去るようになります。これが、まさに離岸流の発生原因です。

ま、この文章を読んでいる途中でも良いですから、離岸流についてのサイト記事を見つけてみましょう。そこにはかなりの数の離岸流の発生現場の写真が掲載されています。
最初に荒れ気味の海辺と書きましたが、別に荒れていなくても、離岸流は発生しています。でも、そうした場所は、遊泳禁止の旗が立っています。

波も穏やかなのに、なんで遊泳禁止と思ったら、そこには必ず危険が潜んでいるのです。長年の水難事故の経験から、砂浜を管理している団体によって、このような警告表示が出されているのですから、その指示には従うことです。
事故が起きてからでは遅すぎますと言われているのを無視して、毎年必ず事故が起きているのは、そういった認識の甘さから来るのでしょうが、親の見識が不足していることも多々あります。

漫然と水遊びに連れていくのではなく、危険な行為をしてはいけないと戒めると同時に、安全が脅かされることを行おうとする者がいたら、断固阻止するような社会人としても常識を持つことを望みます。


この記事へのコメント