ユーザーフレンドリー

ユーザーフレンドリー この言葉は、今や「常識」のレベルにまでなった外来語です。
実はこの言葉、れっきとした外来語でありながら、日本人の作ったいわゆる「和製英語」だと思っている人が多いんですね。
あまりにも、多くのカタカナが氾濫しているために、どれが本当の外来語が分からなくなる話は、実は結構有るんです。

かなり身近なのは、「ナイター」でしょうね。これは、本来なら「ナイトゲーム」と言い表されなければならないのですが、あまりにも「ナイター」が強力なために、何と輸出されてアメリカでも一時期使われていました。

オートバイなんてのも、和製英語なのですが、オートマチック バイスクル → 自動自転車の意味合いから作られたみたいですね。
アメリカでは、motorcycle と言いますから、」当たらずといえども遠からずの範疇ではあります。

グループ・サウンズ なんとこれは、外来語でも何でもなくて、対応する英語さえない言葉ではありますが、集団の音たち と直訳すれば(しなくても)一発で分かる実によくできた単語です。

電気製品の大元には必ずある コンセント は、アメリカでは outlet  イギリスでは、socket と言います。コンセントのもともとの意味は、「許可する・承諾する」なので、少しこの言葉は、本来とはかけ離れていますね。

サラリーマン これは、原語にかなり近いんです。salaried worker  と言いますから、意味は十分伝わる和製英語です。
同じように、パソコンやスマホのタッチスクリーンは、もうおなじみですが、英語では touch panel ですね。これは説明不要でしょう。

ペーパードライバー これは、もう意味ががっちり分かりますが、残念ながら、これも和製英語です。
正しくは、driver on paper only で、こちらは確かに直感ですぐ分かりますが、

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント