ニッサンへの緊急提言

日産の現役車種って何種類あると思いますか。
一応販売はしているけれど………という車種は、シーマ、フーガ、スカイライン、ティアナ、シルフィの5車種が、一般乗用車です。
GT-R、フェアレディ………の2車種がスポーツカー。
エクストレイル、ジューク………が、SUV。
エルグランド、セレナ……… が、ミニバン。
後は電気自動車のリーフと、ノート、キューブ、マーチのコンパクトカー。これだけです。

でも、実際に商売に貢献しているのは、エクストレイル・セレナ・ノートの3車種と辛うじてリーフという具合。
いくら採算性が悪いと言っても、あまりに車種が少なすぎます。
スペシャルティーとして、なにか車種追加できないかと海外製品を見渡せば、一時期日本でもホットハッチとしてならしたパルサーが人気を集めていますので、日本にもってきたいと思います。

続いて、SUVでは、エクストレイルはデカイ・ジュークはコンパクトすぎるということで、これまた海外製品を見渡せば、デュアリス(キャッシュ・カイ)があって、かなり売れているようですよ。

せめて、この2車種だけでも、国内の正規販売品としてカタログに載せるだけで、とても選択肢としての幅が出ると思います。
さらに、1800ccクラスのライトウエイトスポーツをラインアップすると、充実度が広がります。

いかに技術の日産を標榜しても、今のラインアップだけでは、ホンダにも勝てませんよ。
マツダだって、これ以上の車種構成ですから…。

また、海外が主力ということを公然と言っているのが、ティアナより上の4車種です。
日本を走る時、サイズ感としては二回りも大きい感じです。国内では、車の全幅は1800mm以下の設定でも邪魔なくらいで、1760mmくらいより下の方が、駐車場の設計サイズにフィットしていると思いませんか。

今や、トヨタには圧倒的な差を付けられてしまいましたが、ブルーバードの4代目くらいの頃の日産は、業界トップをひた走っていました。サファリラリーで、イメージアップを図っていた時期ですね。

日産には過去に、売れない車もいっぱいありました。しかし、それはある面、カップラーメンの定番を引き立たせるための捨て石的新製品の存在とイメージが被ります。手を変え名を変えて新製品を投入しても、結局は定番に帰っていくというビジネスモデルは、どの業界にあっても通用するものです。
もう少し、ユーザーに選択する喜びを持たせる車種展開にしないと、ただ儲かる車だけに資源を集中しすぎた罰は、いきなり訪れると思います。これは早急に何らかの対策を打たなければならない課題として、私からの提言です。
真剣に検討してください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント