季節の花-夏

涼しい・蒸すといった梅雨時ならではの花が咲いています。
ノウゼンカズラ・タチアオイ・ブラシの木,どれも個性的な花々です。

まずは、ノウゼンカズラ(凌霄花)。熱帯に生えているような野趣あふれる花です。オレンジ系と赤系が良く目につきます。
可愛い鉢植えで買ってきても、直植えにして少しほったらかしておくと、葉の先が変化して根っことなってぐいぐいと枝を伸ばしていきます。
気が付けば、他の幹に絡みついて伸びていき、花が咲く季節になると、思わぬ高みからノウゼンカズラの花の群れがのぞいていることになります。
咲き終わった花びらが、地面に大量に落ちていればそれなりに綺麗ですが、中途半端に落ちている場合は、掃除をしないと…という花です。
nouzen99.jpg
次に、タチアオイ(立ち葵)。これはもう、ちぃっとした路傍には必ず生えているのですが、花が咲く直前まであまり存在感がないので、見過ごされています。存在感がないのではなくて、花が咲く直前に、ぐいぐいッと茎が伸びてくるからですね。
いかにも夏の花の一歩前の季節に咲きますので、色は濃いのですが、ギトギト感は少ないですね。
個人的には、この花が咲くと初めて「夏だ」と思うことがとても多いのです。
花には、蜂が飛んできて、蜜を吸っていることが多いので、ぼーっと見ていないほうが良いですよ。
tachia21.jpg
ブラシの木、これはもう特異な花を見れば、二度と忘れないと思うくらい日本では個性的な部類のトップに入ると思う程です。
でも、写真だけ見ると、なんて変な花と思うでしょう。第一、日本にこんな花があったっけと思えます。
真っ赤な花と、濃いピンクの花と大きく分けて二種類あります。
burash12.jpg

いかがでしょうか。きっと、どこかで見ている花たちばかりではないでしょうか。

写真出典:季節の花 300 ありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント