Tポイント失速中?

先日、ロッテリアに入って、清算の時にTポイントカードを出したら、「Tポイントのお取扱いは終了しました。」
その数日後、ドトールでテイクアウトのコーヒーを買った際、Tポイントカードを出したら、また、「Tポイントのお取扱いは終了しました。」そして、今日大戸屋での清算時、Tポイントカードを出したら、またまた、「Tポイントのお取扱いは終了しました。」

これには、目が点になりました。
どうしたの?Tポイントとだれしも思いますよね。(ドトールに関しては、まだらですね、現在)
大きな要因は、二つあります。
一つは、楽天が猛烈な営業をかけていることです。

楽天は、CCC(カルチャーコンビニエンスクラブ)がモットーにしていた「一分野一業種」を一蹴して、なりふり構わない展開に出ています。要するに、加盟可能ならどこでも何でもかんでも状態です。節操が無いとも言いますね。いわば、外堀を埋めつくす大作戦展開中といったところでしょう。

一方のTポイントカードは、もう広がるだけ広がってしまい、拡大の余地がなくなってきたことに加えて、先日の情報提供事件が、かなり悪影響を及ぼしています。あの一件以来、ポイントカード会社切り替えの速度が速まっているような感じを受けます。

元々、会員規約に載っていれば、極めて当たり前の当局への情報提供行為ですが、今回は規約に載っていなかったのが騒ぎの発端です。この種の事件が起きると、にわか評論家が言いたいことを言ってきますが、その実、自分たちのお膝元はザルそのものといったお粗末極まる事務所が多いんです。

そんなことはともかく、CCCよ、しっかりしなさい、目を覚ましなさいと、檄を飛ばしたくなりますね。
そろそろ巻き返しの大キャンペーンを張る時期ですよ。スーパー還元セールと題して、通常の買い物は、50円で1ポイント付与、100人に一人に、毎月、5000ポイント進呈、さらに、半年に一回、5万円分のポイントプレゼント懸賞を実施するなどの、ダイナミックな企画が今は必要ですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック