鉄道から信号機が消える日?

「鉄道から信号機が消える日」 何やら、映画の題名のようですが、実現するのでしょうか。
JR東日本が、一部の線区ですでに実施しているある閉塞方式<ATACS>の話題です。
新幹線には信号機はありません。理由は簡単、高速すぎて視認してからの操作では間に合わないからです。

でも、新幹線は、従来と同じように信号機と同じ仕組みを車内にもっていて、赤・黄・緑といった色の代わりに、何Kmで走れという形で表示しています。仕組みそのものは、ATCそのものと思って構わないようです。
つまり、信号電流を線路に流し、列車が通過する地点では信号電流が短絡しますので、それを拾ってココは進入禁止ですよという意味の赤が表示されるのです。

従来の信号機による列車の運行監視システムでは、信号機が赤になっている地点から先に入ってはいけません。そして、原則、定められた区間には一列車しか入れないことになっています。簡単に模式化した図では、信号機と信号機の間には一列車しか表示しません。

この方式は、安全上の管理区間を信号機で区切っているとも言えますので、信号機の間隔が長い部分では、それだけ列車の密度を濃くしようと思っても、途中に信号機と関連するケーブル類を敷設しなければなりませんので、柔軟な対応が出来ません。  (この一区間毎を閉塞区間と呼びます。)

そこで、列車側から位置情報を発信して、その情報を集約して地上側の設備で統制しようという考えが浮かんできます。安全な距離と速度を各列車に指示すれば、それだけ列車密度を細かくすることが可能になるという発想です。この新システムは、従来から使用しているATSやATCの上位に来るものなので、信号機がなくなることはありません。

でも、十分な実績を積んでいけば、ATSやATCを撤廃することも可能なようです。【推測ですが…】
その時こそ、鉄路から信号機が消えることになるはずです。
そうなると、霧に滲む信号機が映しこまれた情緒的な写真も、撮影できなくなるんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Ashely
2019年06月04日 10:33
There is definately a great deal to know about this subject.
I love all of the points you've made. Hello just wanted to give you a quick heads
up. The words in your article seem to be running off the screen in Ie.
I'm not sure if this is a formatting issue or something to do with browser compatibility but I figured I'd
post to let you know. The design look great though!

Hope you get the problem solved soon. Cheers It_s the
best time to make some plans for the future and
it is time to be happy. I_ve read this
post and if I could I desire to suggest you few interesting things or advice.

Maybe you can write next articles referring to this article.
I wish to read even more things about it! http://starbucks.com

この記事へのトラックバック