警察ヘリ・大群舞

2019年5月30日、正午ごろから16時半ごろまで、JR蒲田駅の上空には、警察ヘリが何機も飛び回り、いったい何事が起きたのかと思った人も多いはず。 ただでさえ、物騒な事件や痛ましい事件の報道が相次いでいます。 リアルタイムのニュース速報をいくら検索しても、的外れな時間帯ばかりヒットし、リアルアイムが呆れますと、いつものように悪口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MRJからスペースジェットへ

三菱航空機は、なかなか販売の場に供せないでいるMRJ=三菱 リージョナル ジェット の名称を、スペースジェットに改めることに決めました。 理由は二つ、一つは、本来ならもうとっくに世界の空で羽ばたいていたはずの新型機が、いまだ耐空証明取得の段階にあること。 もう一つは、リージョナルが「狭い地域の」という、ともすれば飛行機の室内が狭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤琢磨atインディー500

2年前に日本人悲願のインディー500に優勝した佐藤琢磨を、日本のマスコミは小さな記事で対応しました。 そして、今年は二周遅れからの3位入賞を果たしましたが、今度は電車の中のニュース配信で取り上げられました。依然として、日本のマスコミはインディー500のモンスターぶりを分かっていないようですが、少なくとも少しは扱いが変わってきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測

定点観測といえば、海上のある一点で気象観測に従事する船が、その場所をじっと動かずにいて、観測することを指していました。理由は簡単です。地上でいかに緻密に気象観測しようとも、実際は海の方が広いわけで、その海のある一点、ある一点といくつも観測点を置かなければ、世界中の正しい気象観測が出来ません。 そういった必要に応じて、世界各国は「あ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

懐かしのキリ番

キリ番 -もはや、この言葉を知らない人が多いんではないでしょうか。 文字通り 10000 200000 とか、12345とか11111って感じのキリの良い数字のことで、誰かのホームページを訪問すると、そのページの「このページに来ていただきまして有難うございます。あなたは、nnnnn番目の訪問者です。」と表示されたあれです。 個人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

飛べないブルーインパルス

2019年4月22日に発生したT-4練習機のエンジンの振動による飛行停止は、ブルーインパルスでさえも避けることが出来ませんでした。 通常点検時の交換対象になっていないパーツが、機体の老朽化に伴い疲労して折損し、ブレードを吹き飛ばしてしまったのが、飛行停止の原因と発表されています。 T-4は延べ200機ほど運用についていますから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mr.Children東京ドーム-5

Mr.Children東京ドーム2019は、その質において、過去と完全に決別できたステージになったと感じています。 小林武史の才能の前に、現場スタッフは黙々と指示に従って作業すれば、立派な舞台が出来上がるという構図を、過去延々と繰り返してきたものが、いきなり、その梯子が外されたのです。 ステージの確保、コンセプト、背景の映像、曲…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

Mr.Children東京ドーム-4

音程の話をします。今回一番に感じたことは、あれっ、全曲、キーとなっている音が半音または1音下がっているような気がしたんです。しかも、途中で原曲の音程に戻ってしまうことがあり、しかし、それをミュージシャンとしてプロである彼らは、それを何事もなかったように追随していました。 これはあくまでも、私の記憶違いかもしれませんが、何曲か中途半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mr.Children東京ドーム-3

ミスチルのステージで、舞台装置に類するものを今までは使ったことは記憶にありませんでした。 が、今回は客席に張り出した花道に、分割したせりあがりという、高さを変える仕掛けは目新しかったですが、実は前々から、舞台は一段高いところに設置すれば、観客の目線が前の列の人の頭を見ることなしにアーティストを直視できるなあと思っていました。 図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mr.Children東京ドーム-2

音響はコンサートでは重要なキーとなりますが、今回は東京ドームというかなり特殊な会場ですから、残響音をどう消すかが音響エンジニアの腕の見せ所です。 ミスチルのコンサートはいつも音が良いので有名ですが、今回は東京ドームであることを忘れさせるほどの質の良い音でした。 何しろ、残響が全く感じられないのです。これは凄いことですよ。 また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mr.Children東京ドーム-1

Mr.Children東京ドームに行ってきました。前回の横浜アリーナでのツアーが相当良くて、ブログの記事内容はべた褒めに近かったのですが、今回をそれを凌駕するくらい良かったですね。 以下が、前回の記事です。 https://15313573.at.webry.info/201811/article_29.html https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我田引水

我田引水 この言葉は、一所懸命(一生懸命 は間違い)勉強した人なら、忘れていないと思いますが、改めて意味を尋ねられた時、スパッと答えられますか。 物事を自分の都合の良い方にひっぱる様を言いますが。さて語源は? これは比較的分かり易いですよね。 農業用水など水利権を伴うような場合、自分の田んぼにばかり水を引くことを指し、浅ましさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会言葉

これは、行政に絡んだ言葉の遊びの記事です。 最近の国会の中継やニュースを見ていると、「ハテ、???」と思える言い回しが気になります。 首相が良く使う「喫緊」なんて、ずいぶんと硬い言葉ですよね。誰が使いだしたんでしょう。 喫緊(きっきん) … 差し迫って重要な様子 なんだそうですが、どうも言葉で誤魔化そうとしているかのようにしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極のダイエット:ローイングマシン

ローイングマシン これはあなたの体を引き締める究極のダイエットマシンになりえるものです。 季節は間もなく夏、お肌の露出に悩む方には、ダイエットは毎年の目標でありながら、達成する人はほんの一握りです。 このローイングマシン、ピンとこない方のためにチョッと説明。 ローイング=ロー(漕ぐ)+マシン(機械)とここまで分解すればもうほぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アドリブって何?

日常会話でも、頻繁に会話の単語に「アドリブ」が出てきます。 「アドリブが効く」とか「アドリブが効かない」とか表現していませんか。 この「アドリブ」って何でしょうか。 元々は、音楽の世界で自由に弾くことを指していましたが、それが転じて、お芝居やテレビのドラマでの撮影でも、台本にない台詞や動きを入れることを指すようになっていますね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スギナの大群落

「つくし誰の子スギナの子」「スギナ誰の子つくしの子」 子供のころ、春になると母親が口ずさんでいた歌です。 誰の歌かは分かりませんが、詩人「北原白秋」が編集した『日本伝承童謡集成 第2巻』に掲載されているとのことです。 植物としてのスギナは、最初胞子の塊としてのつくし(土筆)の形で地上に現れます。 そして、その胞子袋から盛大に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SONY ICF-2001

いまだ根強いBCLのお供といえば、短波ラジオです。 そのBCLブームの仕掛け人であり、幾多の名機を生み出したのが、当時は泣く子も黙ったSONYでした。 過熱する一方であったBCLブームにあって、真打登場的な立ち位置で発売されたのが、ICF-2001です。 このラジオがどのくらい「リキ」が入っていたかといえば、発売して半年もしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mr.Children at 東京ドーム

チケットボードによる厳重なダフ屋締め出し対策は、昨年見に行った横浜アリーナのミスチルのコンサートでは見事なまでに締め出すことに成功していました。 これ自体は、本当に気持ちが良かったですね。 前回は、はじめて電子チケットで分配を受けて入場するという我が家にとっては、えらくハードルの高いチケットの入手方法でしたが、何とか自宅で分配も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

求む!期待の星

「求む!期待の星」何とも陳腐なキャッチコピーではありますが、スポーツの世界の話ではありません。 日本国を背負って立つ!世界の政治の流れを変える!くらいの気概を持った人物が、出て来ないもんでしょうか。 こればっかりは「お前がやれば…」と言われてもおいそれとは、とても無理な話です。 そもそも政治家になろうなんていう人は、面(ツラ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダム放流を見に行こう!

首都圏だけでなく、日本有数の貯水量を誇る神奈川県の宮ケ瀬ダム。 ここは、道路が整備されており、湖岸の3つのエリアには大規模な公園が整備されています。 その中でも最大のあいかわ公園では、宮ケ瀬ダムの観光放流を間近に見られることで、高い人気があります。 先週などは、園内に植えられた「ヒラドツツジ」が満開となり、ゴールデンウイークと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルファエックス登場

ついにJR東日本の次世代新幹線用研究車両が、一般にお披露目されましたね。 こと新幹線車両に関しては、JR東海の派手さの裏に位置していたかのようなJR東日本ですが、実はSTAR21とかFASTECH360などの高速試験車両を作り出しており、独自の技術開発を重ねています。 今回の新幹線試験車両「E956」は、E5系を彷彿させる先頭形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロバイダの実力

今では、世の中にはコンピュータウィルスは常にあるもので、飽きずに誰かが作ってそれをばら撒き、それを根気強く叩き潰す対抗ソフトを辛抱強く開発し続ける会社もあることは、ほぼ常識となるほどになりました。 そしてもう一つ忘れてならないのは、プロバイダの存在です。 私が利用しているプロバイダは朝日ネットですが、非常に手堅い会社のようで、常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親切な新任役所窓口氏

文字通り、毎年4月から5月は人事異動が盛んにおこなわれます。 そして、お役所も一般会社も、窓口担当者が変わるんですが、ここにベテランが配置されることはまずありません。大体あと一歩で中堅と言われるその部署では結構「デキルオトコ」「デキルオンナ」が座るようなローテーションのようです。 しかし、この「デキル」が曲者です。 確かに知識…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光ディスクの生産

光ディスクは、あのレーザーディスクのイメージが非常に強いのですが、あれは外見からは信じられませんが、記録方式はアナログなんですね。 だからこそ後発のDVDにあっという間に仕留められてしまったのですが、今またDVDを凌駕しようとして鳴り物入りで出てきたブルーレイさえも、何と日本製は息も絶え絶えの状態になってしまいました。 カセット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWなのに………

タイトルの反対も言えます、「GWだから………」 さて、何のことでしょう? 屋外の手軽な居場所を作るにはテントが最適!とだれもが思うのか、静岡県富士宮市にある「ふもとっぱら」という大きな広場は、テントで埋め尽くされていましたね。 ここはあの綾野剛が主演して話題をまいた、『ハゲタカ』のロケ地として一躍有名になった施設です。 かなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BIOPIT

BIOPIT バイオピット という商品が有りました。 脳波を取り出し、その周波数をカウントして、周波数に応じて鈴虫の声とか松虫の声が流れる一種の測定器の名前です。外形はピラミッドで・金色で、底辺が20㎝強程度の四角錐です。 発売当時は、88,000円と物凄い高価な値付けがされていました。(1980年代初頭)世間の初任給が、14~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Office Iconが変!

マイクロソフト一流の訳の分からないアップデートが5月4日にあったようです。 いつも使っている>エクセルやワードのアイコンが見慣れない形に今日変わっていました。 自宅のパソコンも会社で使っている複数のパソコンも一斉にですよ。 2018年11月にアイコンのデザインが変わるというニュースが有りましたが、なぜ、いま何でしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽ちん通勤

この10連休、仕事の関係で日曜日以外は全部出勤ですが、毎年感じるのは、この時期の通勤時間帯の快適なことです。何しろ、電車がすいています。当たり前ですが………。 すいていれば、当然座ります。私の場合は、座れば音楽を聴きながら小説を読むか、科学雑誌・鉄道雑誌・自動車雑誌・カメラ雑誌・飛行機雑誌のどれかを読むか、単純に寝るかのどれかです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

褒め方の研究

「褒められて気分が悪くなる人って、そんなにはいないだろう。」と思っているあなた、自分のほめ方に自信がありますか。褒め方が下手な人ほど、もっと褒めろどっさりほめろと言いますが、下手に褒められると酷く気分が落ち込むものです。 正しいほめ方って、どうやって身に付ければ良いんでしょうか。そんなあなたに、褒めるつもりはなくても、ついついほめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薄皮饅頭

土産物から地元の銘菓に至るまで、薄皮饅頭を名乗るものは多くの種類がありますが、その中で一頭地を抜いているのが福島・郡山の「柏屋」でしょう。 最高級の北海道の十勝産の中でも選りすぐりの小豆を使用。とまるで、どこかのコマーシャルそのものですが、こし餡の雑味の原因となる「アク」を、丁寧に丁寧に取り除く工程がテレビに映し出されました。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

令和元年

こういった「節目」には、必ず行われるのが、様々なイベントですが、その中でも定番は結婚式でしょう。 今夜も一体何組が、式を挙げたのでしょうね。たまたま、元年が挙式の予定のカップルはいたかもしれませんが、どうせなら、元年の最初のそれも零時を過ぎた瞬間にと、挙式をずらしたカップルも多かったことでしょう。 でも、おめでたい事なら、そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more